虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

鷹島フルム~ンヘポパ

TAKASHIMA FULLMOON HEPOPA
a0154870_18362961.jpg

2014年5月15日(木)から18日(日)15th,(thu,) April ~ 18th,(sun) 2014


初夏の鷹島はキラキラしていて、一番良い季節だから祭りましょう。
今回も場所は、夕日が綺麗な海岸の森です。
決して広くないキャンプ場だけど、大自然タップリです。...
大自然の恩恵に感謝する気持ちを忘れる事なく、大地にしっかりと足を下ろして生きる生活を選ぶ。

めつめなおす

今回も初心に戻って、ミュージシャンブッキングは致していません。
祭りを作るのは、一人一人の魂です。
美しい魂が集まれば、愛溢れる時間となるでしょう。

内容もあまり決めずにゆきます、在るものでまかなう。ヘポパの精神で。

鷹島での記録はブログで http://nuinalu.exblog.jp/i12/
a0154870_11513715.jpg

現在参加表明されている人やグループ


演奏・ 南正人  BONGERS   ゆうさく  bone TATUYA&MJs  吉田主税  トビウオリアキ  KUWAKUWA  DADA CHILD  みっこ  シス  村上べん  切明畑遼  マクウ       D,J ・Mayui sun  Yoshifuku  TokiJiku  ボシケン RANDAM  WEST  Jah村 Hal  RasFuku  Tatuishi DECO・M&M works  工房グルグル  インチェ MOSA
出店・ TIMBERS 浦家 みん子社 自然堂 MOSA MAO MAO  ほっこり堂 Veje Bliss 醗酵Jah村 M&M works NUI NALU 吉福屋 海宝堂 工房グルグル 
V,J ・ Hiralion


a0154870_12214869.jpg

CAMP IN キャンプについて
キャンプ出来る場所は3箇所有ります。
1・(お祭り広場) メイン会場です。広場と森の中にメイビー50張りくらいテントは張れます。
テント代金 1張り×¥1,000 タープも同じ
13日の午後から村作りをはじめます、お手伝いできる方のみ先乗りキャンプできます。
後かたずけは19日です。お手伝いできる方はこの日までキャンプ出来ます。

2・(ゆっくり) 会場に着く100mくらい前に有るオートキャンプスペース。グループ向けテントは2~3張れます。
テント代金無料
3・(P)モンゴル村入り口近くの駐車場の横はオートキャンプ出来ます。
テント代金無料
a0154870_12232334.jpg

飲料水やトイレについて
お祭り広場に井戸水と、上水が有ります。井戸水は飲料水に上水を洗い用としています。
トイレは男女1箇所ずつ有ります。
(P)はモンゴル村さんのトイレが近いです。
a0154870_12241989.jpg

お風呂について
会場のすぐそばに「モンゴル村」が有ります。こちらの天然水温泉は露天風呂も有り、休憩場もゆっくりしています。お祭り参加者は¥500(一日)
a0154870_1233080.jpg

TIPI浦屋さんの五右衛門風呂も登場予定です。今年も海岸でのオーシャンビュー海水露天五右衛門風呂を楽しみましょう。 お風呂代は℃ネーション
a0154870_12275844.jpg

駐車場について
会場隣りにも10数台止めれます。が、こちらは手助けを必要とされる方を優先させて頂きます。(妊婦さん、小さなお子様連れ、などなど)
会場へ荷物が有る方は、降ろしてから駐車場へ車の移動をお願いします。荷物が少ない方は最初から車は駐車場へお願いします。
会場は道の突き当たりです。なるべく駐車場に車を置いてから会場入りをお願いします。
a0154870_12341636.jpg

音楽について
太陽光発電での音響設備を持つ”主税サウンドシステム”さんにご協力頂きます。
生演奏や生BGMは、太陽さんが上がっている時間中心に行います。夜半も充電が続くかぎりやりますよ~ん。
ステージのスケジュールも出来たら発表します。
a0154870_12354224.jpg

ワークショップについて
貴方の持っている知恵を、広めて下さい。フリーです。やりかた、料金はおまかせします。場所は受付に相談して下さい。Jah村麹ワークショップ  (18日)工房グルグル草木染めワークショップ
a0154870_12371925.jpg

出店について
楽しく、お祭りを一緒に作ってゆけるお店や展示、などなどご自由に作って下さい。参加費とテント代はお願いします。テント無しの子店は先着順にトイレ横のスペースを用意しています。(今回予約は要りません)
a0154870_12375445.jpg

直火について
スペースが取れる範囲でお願いします。森の中やお隣とのテントが近い場所は遠慮して下さい。
a0154870_12384034.jpg

参加費について
4日間通し券のみ 大人2,000円 子供ただ テント壱張り 1,000 出店無料!!
a0154870_12395757.jpg
a0154870_12402879.jpg
a0154870_12404137.jpg
a0154870_1241851.jpg
a0154870_12413747.jpg
a0154870_12421687.jpg
a0154870_12424923.jpg
a0154870_1243211.jpg
a0154870_12433697.jpg
a0154870_1245124.jpg
a0154870_12453771.jpg
a0154870_124653.jpg
a0154870_12464130.jpg

[PR]
# by nuinalukaratu | 2014-03-22 12:47 | フルムーンギャリング

HEPOPA は世界的な響きに

シャンバラ奉り
それは、2010年からタイ国チェンマイ県シェンダオ市で「世界平和と民族融和」を目標に始まったお祭り。今年は五回目、10日間の日程で行なわれた。
ボキは初回から参加している。このブログにも初回からの様子をアップしているのでお暇な人は見てみて。
さて、五回目の今回の様子を写真を交えアップしてゆこう。
ボキは今回1月21日に福岡を出発してチェンマイへ向かった。航空会社は始めて乗る「中国東方航空」。安かったので乗ってみた。
まずはそのことからね。
福岡から上海までは遅れる事も無くスムーズに飛び、上海から昆明の便に乗り込む。
すると、時刻になっても飛ばない。 何故?(後で解かったけど上海の空気が悪く、視界が開けないので飛べないらしい。帰りの便もそうだった。約一時間座席にすわりっぱなし。)
やっと着いた昆明で荷物を取り、航空会社のカウンターへ行くと誰も居ない?え、何故と思っていると中国人のグループが来て、カウンターに現れた人に文句を言っている。どうも、乗る予定の便に間に合わず置いてきぼりを食らったようだ。やっぱり、上海での遅れが響いた様子。結局航空会社の指定するホテルへバスで向かい、一泊した。もちろん宿代、食事代は航空会社持ち。あたりまだのクラッカーでしょう。
a0154870_14494973.jpg

a0154870_14553077.jpg

寒かったにゃ~昆明。ホテルのエアコンは20度で止まり、その後は動かない。シャワーの温水は35~8℃くらいかな?浴びたら寒くなった。
寝れない夜を本でも読んで過ごし、夜明けに空港へバスで向かいカウンターへ行くと「チケットは無いの?」と、言われる。
前日に翌日の予約をしたのに入っていない、と、言う。馬鹿な?再度航空会社のインフォメーションで確かめて、チケットも貰いやっと乗れた。やっぱり、急激に発展している中国の飛行機事情。
アメリカなみに、バス感覚になりそうだけど、ちょっと前までリキシャを運転していた人が荷物係りをやっている様な感じがして問題は多そうだにゃ~と感じた。
チェンマイへ向かう前に朝飯でも思い、うろうろしてカップ麺を食べた。辛そうだったから赤い調味料をチビット入れたけどやっぱり辛かった。
a0154870_155425.jpg

a0154870_1555744.jpg

機内食にマツタケのピクルスが入っていた。中国の人はパンに挟んで食べていたので真似すると美味しかった。
一日遅れで着いたチェンマイ。ソンテウで浦さん家に向かう。
しかし、運転手は道を知らない。この人バンコクがデモで仕事にならないのでチェンマイへ出稼ぎに来ていて、そんな運転手に二度逢った。バンコク経済は大変らしい、バンコクから来ている人も飽き飽きしている様子だったにゃ~。
やっとたどり着いたシャンバラへの入り口。そこはチェンマイで日本語フリーペーパー「ビアン チェンマイ」を発行している事務所兼浦ちゃん家。
庭が広く、この日からテント生活。前乗りして来たコアなメンバーと共に、始まる前の静かなひと時を味わう日々。
a0154870_15124633.jpg
a0154870_15142193.jpg

a0154870_2220455.jpg

a0154870_22214358.jpg

タイ人スタッフの要、トアと葉子ちゃん家に遊びに行き、祭りミーティング。ミッチャンは、すでに日本語とタイ語を使い分けるバイリンガルに育っていた、三歳で。凄いにゃ~、可愛いにゃ~。
a0154870_21405053.jpg
a0154870_21412216.jpg

a0154870_21445251.jpg

気候にも慣れ、シャンバラ用意前まで大急ぎで仕事モードに。
a0154870_2231368.jpg

a0154870_21452080.jpg
a0154870_2145365.jpg

a0154870_22202185.jpg

マーケットでモン族の古着スカートを掘りまくる。日本のボロ屋から始まったボキの古着屋人生。アメリカでも掘り、タイでも掘る。掘る度に新しい発見が有り、最高に楽しい。
そこは、日本人的感覚で言えば「臭い、汚い、暑い」の3k現場。額に手ぬぐいを巻き、ひたすら掘る。今回もたくさん買えました、でもインフラ率100%に近く前回買った同じスカートが倍の値段になっていた。為替も去年は10000円で4000バース近く来たけど、今年は初め3040バーズ。後半3150バース。オー ダブルパンチとばかりに仕入れ値は跳ね上がる。でも、手織り手紬の麻生地は日本では戦後に終わり、世界中見渡してもあまり無い。モン族のビンテージ生地は最高なのです。そんな生地で作るヌイナルの服、貴重な生地を使っているので何時まで出来るか解かりません。アメリカのビンテージジーンズを掘りつくした様に、最高の麻生地は何時まで有るのか?
そんな生地を探したり、あらゆる山岳民族の古着を漁る。面白いんですこれが。
モン族、ヤオ族、アカ族、カレン族、シャン族、バロン族、ミャオ族、リス族、まだまだ知らない民族も居る地。それぞれに個性が有る、我々和民族がそうで有った様に民族衣装を身に着ける時は大事な時。お祭りではもちろんでしょう。
a0154870_2271159.jpg
a0154870_227253.jpg
そんな中、福岡県人会でサンカンペーんで行なわれたイベントのリサイクルで出た干草のブロックを貰いに出かけた。そこは、温泉リゾートでも有ったので一時のリラックス。
a0154870_2274023.jpg

a0154870_2294763.jpg

一年ぶりにともちゃんとも再会。歌い手となり、みっこちゃんに改名。良い歌声は昨年から発見していたけど、オリジナルの楽曲を引っさげて鮮烈なシャンバラデビューを果たした。また、聞きたいにゃ~。ライブを聞いて、うえだっち(ナミさんのバンド”グリーンランタンのb)は泣いていた。
a0154870_22571452.jpg

a0154870_21461142.jpg

(イスラム街で見つけたダルのトロトロを麺にカケた麺料理、アロイ)
a0154870_2218569.jpg

(チャイ二ーズ正月のチェンマイ中華街、賑やかだったにゃ~)
続々と集まってきたスタッフと、地元スタッフとの交流会”浦ちゃん家ホームパーチィー”を浦ちゃんが開催してくれ、その為にお好み焼きや焼きソバを焼ける鉄板焼きセットまで購入してあった。
お好み焼きと、聞くと大牟田育ちとしてはだまってられにゃ~い。
大牟田はダゴ(お好み焼き)の町。今でも帰ったらラーメンかお好み焼きか、タマに放るもん。
早速、料理班と共に近くの市場へお買い物。
a0154870_21591839.jpg

結局、焼きソバやらダゴやらチャンポンまで料理してしまった。唆され、煽てられ、そんな前半戦をチェンマイで過ごし、とうとう二月に入ってチェンダオへ出発の時。
浦ちゃん家からテントや毛布、炊事道具、食器、看板、マット、あらゆる祭り準備品をソンテウに積み込み出発した。
a0154870_22225915.jpg

a0154870_22233837.jpg
a0154870_22235994.jpg

ソンテウ6台バイク2台のシャンバラキャバンは北を目指しマッシグラ。
でも、バイク一台はメイテンからパイ方面へ曲がった!!(謎の日本人はやはり謎の行動が多い。)
着いた、チェンダオ山。帰ってきたんだ、農耕民族の故郷へ。
a0154870_22243574.jpg

a0154870_22245523.jpg

毎年会場となっているこのキャンプ場は、日本で言えばNGOが管理する青少年育成センターで、仏教の講堂や、ドミトリーにコテージやマッサージ小屋などを施設が整っている。
そして、近くに無料の天然温泉露天風呂が有る。
a0154870_22252629.jpg
a0154870_22253723.jpg
a0154870_22254659.jpg

a0154870_22263595.jpg

そんな理想の地にヘポパキッチンを竹と布で作り、電気を引き、水道を引き、炊事場を整える。
そしてティピを張るのが真っ先の仕事。
a0154870_2232354.jpg

初日から集まった約40名のタイ人、韓国人、そして日本人の老若男女が持ち前のスキルを発揮して用意が始まった。
実は五回目にして始めてなのです、初日から入るのは。
今まで、祭り期間中は参加しても用意にはあまり係われなかった。
今回は昨年から決めていた、ドップリ参加を。先輩の代わりにはなれないが、ボキなりにやれる事は有るだろう、と思っていた。そんな想いが空回りする事も有ったけど、やり遂げた。
チェンダオに着くと、昨年旅に出かける前にヌイナルに寄ってくれたマッコとあやみちゃんが来ていてスタッフになってくれた。
a0154870_22414814.jpg

同じ九州人が増えると頼もしい、ありがとう。
祭り準備も整い、始まった”シャンバラ祭り2014”。
a0154870_2233189.jpg
a0154870_22335580.jpg
a0154870_22341473.jpg
a0154870_22343138.jpg

毎年人が増え、去年の最後はテントスペースが無くなりそうだったので今年はどうなるのか?
と、密かな心配をしていた。
そして、それは当ってしまった。やはり、西洋人は面白そうな処に敏感だ。
全体で言えば日本人は変らず、タイ人は増え、西洋人も増えていた。同じ西洋人と言っても、国は違う。チェンマイ在住のフランス人を奥方に持つ方に聞いた話だと、20ヶ国以上の国の確認をしたらしい。
a0154870_22432727.jpg
a0154870_22434031.jpg
a0154870_2243595.jpg
a0154870_2244954.jpg

a0154870_2245842.jpg
a0154870_22452494.jpg
a0154870_22454164.jpg
a0154870_22455452.jpg

それくらい多民族が集まったお祭りはどうだったか?
一言で言えば、そこはクロスロード。愛と平和のキーワードに広場が出来ていた。
もちろん問題も多かった。
急性アルコール中毒も初めて発生した。しかし、看護士経験の有るスタッフや通訳の出来るスタッフに現地スタッフも加わり無事に乗り越えた。皆素晴らしい活躍だったし、良い経験だった。
人が多くなればかならず発生するゴミ問題に、夜中の音響問題。
a0154870_22463836.jpg

a0154870_22484238.jpg
a0154870_2249514.jpg
a0154870_22492625.jpg

様々な問題が発生してもヘポパ精神で解決する。民族は違えとも、誠意を持って当れば事は解決する。そんな経験を通し、ヘポパは会場に来ている一人一人に浸透する。
それは、ステージで演奏したほとんどのミュージシャンがヘポパを口にして盛り上がっていた。
こんな事初めてだ、世界標準になりつつ有るヘポパ。龍さん、最高だったよ。来年は一緒に参加しようね。
a0154870_2250673.jpg
a0154870_22502613.jpg

a0154870_22511936.jpg
a0154870_23211887.jpg
a0154870_23213253.jpg
a0154870_22514364.jpg
a0154870_23221165.jpg
a0154870_23223574.jpg
a0154870_23233749.jpg
a0154870_23234756.jpg
a0154870_23235995.jpg
a0154870_2324113.jpg
a0154870_23242118.jpg
a0154870_23244158.jpg
a0154870_23245278.jpg
a0154870_2325677.jpg
a0154870_23254547.jpg
a0154870_23255749.jpg
a0154870_23264583.jpg
a0154870_23265570.jpg
a0154870_23271992.jpg
a0154870_23274883.jpg
a0154870_2328786.jpg
a0154870_23281697.jpg
a0154870_23283073.jpg
a0154870_2329081.jpg
a0154870_23224629.jpg
a0154870_22515922.jpg

a0154870_23195345.jpg

お祭り広場ではジャグラーが集まり、マーケットも広がり、フリーセッションは各地で行なわれる。
子ども達は走り回り、アーティストは表現に打ち込む。
a0154870_2258464.jpg
a0154870_2252013.jpg
a0154870_22522435.jpg
a0154870_23204620.jpg
a0154870_23201933.jpg
a0154870_22524879.jpg
a0154870_2253197.jpg
a0154870_22534249.jpg

そんな”虹の岬まつり”みたいなお祭りがチェンダオで開催された。夢のような光景、そのスタッフに係われた事はボキの人生でも大きな糧を得た気分だった。
ナミさんから、シャンバラ祭り初回に「日本式お祭りをタイに輸出するんだ。」みたいな事を言われ、自分の中では日本国内で参加した最高のまつり”虹の岬まつり”が理想だったんだ。
a0154870_2255523.jpg

a0154870_22584346.jpg
a0154870_22593165.jpg
a0154870_230046.jpg
a0154870_2303582.jpg

a0154870_2311449.jpg
a0154870_2322592.jpg
a0154870_2325024.jpg
a0154870_233279.jpg
a0154870_2331755.jpg
a0154870_233293.jpg
a0154870_2334622.jpg
a0154870_234337.jpg
a0154870_2341627.jpg
a0154870_2354386.jpg
a0154870_236577.jpg
a0154870_2361871.jpg

言葉を越え、魂の繋がりを感じた人々はたくさん居た。
たくさんの人々から喝采を浴びたナミさん。西洋人のオールドヒッピーの人から「この場は狭いが、69年に体感したウッドストックみたいだ。」とか言われ、クロスロードという曲を完成させた。ロマンティックなイントロから始まる曲。今回一緒に行動するようになってボキの耳を捉えたイントロ。何時の間にか曲になっていた。今でも聴こえる甘い調べ。やっぱりナミさんは最高だ。
a0154870_23145663.jpg

a0154870_23303878.jpg

長い記録になりまちた、オイチイオチャデモ、、、、。
コップンカー!!
a0154870_23375895.jpg

バイバイ また来年逢いましょう ヘポパ~ヘポヘポ
[PR]
# by nuinalukaratu | 2014-02-21 18:11 | シャンバラ祭り

冬のおとずれ

唐津にも冬将軍が訪れはじめました。 (下のページにアウターを追加しました。11月13日)そんな中に暖かグッズの紹介です。
足元から~、寒いときに人気のムートンブーツのユーズドをU,S,Aで集めて来ました。
a0154870_8374468.jpg

size 7 23~24cm ¥5,900

市販の裏ポリエステルボアはすぐペッタリなって暖かみが失われるのと比べ、天然のシープスキンを使ったブーツは保温性が高いですよね。

a0154870_10574250.jpg

BEARPAW size 8 24~25cm ¥9,900 ほぼ新品

a0154870_1122152.jpg

BEARPAW size 5/6 22~23cm ¥9,800 新品

a0154870_1047441.jpg

ヘビーディューティーな方がお好みの”UGG” size Men's /11 28~29cm ¥6,800

a0154870_10503311.jpg

ヘビーディューティーな方がお好みの”UGG” size Men's / 7 25cm ¥6,800

a0154870_10515134.jpg

”UGG”と良く似たsherling supreme size Men's / 9 26~27cm ¥6,800

a0154870_115237.jpg

NO BRAND size 11 28cm(表記無し) ¥5,500

a0154870_1165041.jpg

Cabela's Steel Shank 裏キルティング Thinsulate Insulation size 9 ¥9,800
大好きなラバーシューズ これからの季節野外で遊ぶ人にはピッタリのブーツです。
ボキもほしい!!

そして、アウターも!!
a0154870_11133488.jpg

”1951モッズパーカー” size M ¥9,800

a0154870_17523337.jpg

Wool Rich Feeld Jacket 古いタグが着いているけど程度が良い、今着ても暖かいwool100%に裏地はウールフランネル。 size 40 現在のMLくらいですね ¥9,500

a0154870_17583024.jpg

PIONEER WEAR これも古いタグが着いてます。Wool Western Jacket
size ML くらい ¥6,800

a0154870_1814767.jpg

PEA COAT WOOL MEN'S size 34 普通のサイズでM ¥8,900
新品に近いコンディション 海で着ていても暖かい 大きな襟 大好きな一点

a0154870_1861134.jpg

PENDLETON CPO JACKET size M  コンディションバッチリ ¥7,900

a0154870_1881762.jpg

PENDLETON CPO JACKET size M  コンディションさらにバッチリ ¥8,900

a0154870_1893422.jpg

Harris Tweed Hand Wiven 100% purewool size 40~42 ¥7,900

a0154870_1813253.jpg

Lee Coverall Jacket size 40~42 ¥12,000

a0154870_18142770.jpg

Eddie Bauer 60/40 DownJacket size 40 ¥8,500

a0154870_1816253.jpg

OLD NAVY Fleece Jacket size Yut14~16 3,200

a0154870_18183750.jpg

CWU-9/P Jacket(USAF) size M ¥5,800

a0154870_1821762.jpg

Woolrich 60/40 Maunten Parka size Women's S ¥7,900
Wool Blanket Liner

a0154870_18222135.jpg

Eddie Bauer 60/40 Maunten Parka Long size M ¥8,900
Wool Blanket Liner
[PR]
# by nuinalukaratu | 2013-11-12 11:26 | NUI NALU

変らぬアメリカ

四季の変化が有る国に暮らし、生業を服屋としているボキにとっては、色々なファシッションを楽しめて楽しい。
タイ国を紹介する本なのでは、「常夏のバンコクから長袖のファッションを楽しむ為に、チェンマイを訪れる人が多い。」と書いてあったのを読んで「何の事だか?」と最初は解からなかったけど、最近やっと理由が解かる様になって来た。
お洒落を楽しむのは、一人一人の自己主張だし、関心の無い人から見れば「?」だろう。
それで良いんだろうな。と、最近は想ってます。
関心の有る人が集まってワイワイ言って楽しむ。
それが何事にも基本かな。類は友を呼ぶ、と、コトワザにも有る様に先祖代々変らぬ国民性かも。
そんな訳で、古着やレコードなどなどの仕入れから戻りました。
行っていた先はアメリカ西海岸、サンタモニカ界隈。
もう長いこと通っている処。それは、ヌイナル以前にやっていたラリアート(LARIATという屋号の服屋)を始めた頃から。
1962寅年に生まれて、映画アメリカングラフィティーでアメリカの文化に熱中してた10代の頃。そんな世代に生きていたから憧れの国だった。住みたいとも想ったカルフォルニア。
そんな憧れていたビジュアルがサンタモニカ界隈だと知ったのは、二度目くらいの訪問の時。
町並みの横を走る車と、青空に伸びた椰子の木。そして、そこから海に伸びる桟橋。
楽しそう!!行ってみたい、と想っていた。
古着のお店を始めて、仕入れに向かっただいぶ前、知り合った友達の一人が今回もお世話になった龍ちゃん。泉元という珍しい姓を持つ神戸人。
a0154870_1262748.jpg

彼も古着のバイヤーとしてアメリカへ渡った同世代人なので、何かと話しが逢って今でも仲良くしてもらっている。
a0154870_1291448.jpg

サンタモニカは夕陽が綺麗だ。唐津も綺麗だけど、景観はだいぶ違う。
a0154870_12125291.jpg

度の途中読んだ本に、「西洋人は自然の中に、人が作った建物などが入った景観美を好む。」と、あったけど、少し解かる様な。ボキは人工物が無い方が好きだけど。
a0154870_12212792.jpg

時差ぼけを紛らわす為に、散歩しに海岸へ向かうと色々な玩具が眼に止まった。
a0154870_12221628.jpg
a0154870_12223869.jpg
a0154870_12225735.jpg

海岸を市民の遊び場として開放し、そこの遊空間を観光資源としている。
様々な民族が集まる国だから、様々な意見も有るだろうけど、ビーチが憩いの場になっている。
綱渡り、鉄棒、スケボーやチャリなどからサーフィンにヨットにパラグライダー。
a0154870_12293587.jpg

a0154870_12314131.jpg

a0154870_12321115.jpg
a0154870_12324357.jpg
a0154870_1233519.jpg
a0154870_12334220.jpg

カモメも楽しそう。
翌日、朝から波乗りへとポイントへ向かうものの海はフラット。
a0154870_12381766.jpg

魚の群れが来ているのか?ペリカンがたくさん居てた。以前同じポイントでアシカやイルカ、海亀と出合った。
そして、人ともたくさん出合った。龍ちゃんが長年のローカルなので、たくさん紹介してくれる。
その一人のジョーの誕生会へビーチへ出かけた。
81歳とは思われないくらい元気なサーファージョーを祝う為に集まって来ていた人たちが持ち寄る手料理を頂きながら思った。「サーフィンを楽しんでいたら何時までも元気だ。」と。
a0154870_12462565.jpg
a0154870_12465817.jpg
a0154870_12472516.jpg
a0154870_12474673.jpg
a0154870_124861.jpg
a0154870_12482431.jpg
a0154870_12483786.jpg
a0154870_1249383.jpg

サーファージョー サーファージョー と、ビーチボーイズの替え歌が盛り上がる。
サーファー仲間のカートのタトゥーを見ていて気が付いた。
a0154870_1362948.jpg

この亀は糸島のビーチカフェ”キャデラックランチ”の野外トイレに描いてある亀とそっくりだな~。どこかアボリジニアートふう~。
そのキャデラックランチ”の閉店パーティーが来週と迫った。
来週と言っても、もう二、三日先の事。
たくさんの楽しい思い出が詰まったお店の閉店パーティーは22日、23日の両日。
ヌイナルも子店をやりますから、貴方も遊びに来て下さい。

「変らぬアメリカ」の続編もまた書きますね。では、アディオス!!
[PR]
# by nuinalukaratu | 2013-09-20 13:13 | 古着 from L,A

楽しかった鷹島

ギャザリング前日に会場の草刈をしていると一台の車が来た。
a0154870_15455142.jpg

立石光正行者とお供の方。
共に、和歌山の熊野から車を飛ばして12時間で鷹島に着いたらしい。長旅ご苦労さまでした。
会場を見渡し、散策し、夕陽へ向かって祈りが始まる。
法螺貝の音色で鷹島を浄化させ、お経を唱え様々な霊へご挨拶。
a0154870_15492695.jpg

法螺貝の音色は大きく感じられないが、すごく遠くまで届くのを今回体感した。
翌朝早くに会場いりしていると、ず~と遠くから音色が聞こえ、ギャザリングが始まった感がして良かった。
a0154870_15522659.jpg

初日から顔なじみに加え、初めて来てくれた人や再会が有り、夕方に音が出始めた頃には大きな夕陽が、皆の心に暗示を指しているか?まったく何も考えていないのか?
一人一人の祈りの時間が始まったんです。
今回も、自分では上の写真以外ほとんど撮れず、満月に合わせて来てくれたキヨシやジャッキー、ふみよちゃん、その他数名の写真を拝借しています。ありがとう皆様方。
a0154870_15593451.jpg

当初、海岸で行なおうと考えていた護摩焚きを行者の提案により、会場内で行なう事にして日曜日の5時から始まった。
誰もが結界内に入って居た為にほとんど写真が見当たらず、誰か持っていたら下さい。
写真が無くて、文章だけでその場の事を表現するのは難しいのです。
でも、後日熊野に帰った行者から電話が有り、「霊がこっちに帰って来た。今回時期が良かった、やって良かった。」と、言われなんか嬉しかった。
ボキ達の祈りは届いたのか。たくさんの霊が鷹島から浄土へ旅立ってくれたのなら嬉しい。
今を生きる我々は、先祖を敬い、神仏に感謝したい。
今回ギャザリングの最終回として想った「祈り」への心。それを感じ取ってくれた仲間が集まってくれて、最高に楽しかった6日間。
ありがとう、来てくれた人以外にも、気に掛けてくれた貴方も、ありがとう。
それでは、写真をどうじょ。
a0154870_16133363.jpg
a0154870_16134797.jpg
a0154870_1614763.jpg
a0154870_16144132.jpg

五月のHEPOPAで「ヒノキ風呂はやるけん、ここに置いとかんね。」
と、言われた鷹島に入ったらすぐ出てくる道の駅”鷹ら島”の社長さん。
さすがに有言実行の人だった。すでに届けられていて、会期中水風呂としてみんなが愛用してました。ありがとうございます。
灼熱の8月を乗り切る知恵は海水浴、水浴び、水風呂、と身体を冷やす。すれば風も涼しい。
でも、暑い日中は何をやってもあちいね。服なんか着てられねぇ~とばかりに上半身裸の人ばかり。
a0154870_16212931.jpg
a0154870_16214583.jpg
a0154870_1622461.jpg
a0154870_1622166.jpg
a0154870_16224145.jpg
a0154870_16231775.jpg

暑くても、潮が引いた海岸へ貝拾いに出かけた一団はたくさん様々な貝を収穫していた。
子ども達中心に遊んでいる光景は、自然と遊び日にピッタリの光景でした。
このギャザリングを通して、仲良くなった子ども達。それは年齢は関係無い世界が広がり、子どもから開催を感謝されたり、今まで一番の思い出となった。
自然を愛し、心を解放出来る場を探してたどり着いた鷹島HEPOPA。
森さんありがとうございます。
a0154870_163134.jpg
a0154870_16311681.jpg
a0154870_16312994.jpg
a0154870_16314157.jpg
a0154870_16314917.jpg
a0154870_16315992.jpg
a0154870_16321060.jpg
a0154870_16321989.jpg
a0154870_16323780.jpg
a0154870_1632507.jpg
a0154870_16332211.jpg

最終日が満月だったけど、20日の夜中が天気も良くて月見は最高だった。
そして、21日の満月がやって来た。
帰っていた人も、鷹島に戻って来て月見を楽しむ。
そこには、今回もみごとな天空ショーが幕開けしていた。
21日の夕陽は赤く、北の空には湿気を含んだような入道雲が立ち込めている。
暗くなる前にお店をたたみ、服を整理するとやっぱり雨が来た。
幸い、少ししか降らなかったけど、今夜の月見はどうなるのか?
と、想っていたら稲光が多くなって来た。ここで想い出すのは、2年前の初回に島中ストロボを焚いた様に、稲妻が降り続けたかと思ったら、風が強くなり、突風が吹き荒れ会場のタープテントが吹き飛んだ夜の事。
同じ低気圧が、久留米地方では竜巻となり、家屋が半壊したんだ。
やっぱりそれは、神風。蒙古軍を壊滅に追いやった神風だった。
今回の護摩焚きを行なった立石行者は、島の資料館を見に行って研究して、「解かった、ここは元寇終焉の地だったんだ。」と、話し本文を書き直していた。
そうだ、日本を他国の侵略から守った、終焉の島、それが鷹島。
そんな事を思うと、頭上の満月も雲に隠れ、南の空には稲妻が光る。
その雲が近ずいてくる様な?
そう思っていると、雲は晴れ満月と稲光の空。
初めての経験だったけど、綺麗かったにゃ~。
a0154870_16513517.jpg

a0154870_16532662.jpg

やっぱり、自然は素晴らしい。
この大自然を守り後世に伝えたい。
後世が心配な原発はいらない。
世界人類が平和でありますように。
[PR]
# by nuinalukaratu | 2013-08-24 16:54 | フルムーンギャリング