「ほっ」と。キャンペーン

虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鷹島で祈る

原発再稼動について前のめりになって来たこの頃の政治状況。あの手この手を使って世論を動かそうとするだろう。だけど許さない、とのしっかりとした意思を携え行動してゆこう。                        玄海原発から10K圏内の鷹島で昨年行った"FULLMOON GATHRING"は今年も8月1日~5日の5日間、行う事が決定しました。   
a0154870_11363766.jpg
               鷹島は日本列島が大陸と繋がっていた頃からの大地。国難の時に神風が吹き荒れ、外国の船を沈めた風神雷神様が通る島。
a0154870_11375021.jpg

命の輝きを失わず、未来の子供達に残してゆきたい大自然。                              太古から生きてきてボキ達を生かしてくれる、様々な生命体。
そんな眼には見えない恩恵はすべて大自然が与えてくれる。           
祈り捧げ、感謝しよう。    我等は大自然と共にしか生きられない。 生きる大地を失いたくない。      そんな想いを共有出来るお祭りをします。
a0154870_11401329.jpg

a0154870_1144093.jpg
a0154870_1144419.jpg
a0154870_11455022.jpg

a0154870_11463633.jpg
a0154870_11414934.jpg

     遊音楽・リサイクル・祈り
音楽の力は凄い。 
人間は多種多様で、様々な人々がたった一人の人生を生きている。
戦って生きる人も居れば、争わないで生きる人も居る。同じ人間が好きな人も嫌いな人も。
生きる意味を持ち続け、悩み苦しみの中から成長を続ける人。
そんな人生に音楽は付いて回る。
脳裏に浮かぶ鮮明な過去は、純粋な心を持っていた時ほど輝いている。
輝きの中で生きる時を支えてくれた音楽は、常に自分を支えてくれる。
a0154870_126132.jpg

a0154870_12195311.jpg

a0154870_1223879.jpg

人口減社会に生きている今。
バブル時代に作られたリゾート施設(セキアヒルズ)のリサイクルから始まった"FULLMOON GATHRING"も今回が4年目です。ボキはリサイクルが好きで、「現存する物で賄えれば新しい物を作る事は環境破壊に繋がる。」と、思ってます。
現代は生活に必要な物はほとんど揃っている。それは人が環境破壊をして作り出した貴重な物や空間。
高度成長時代に作られ閉鎖したキャンプ場で行った2年目の神集島。
そして、生きる為に人間が切り開いた大地を発見した3年目は鷹島だった。
とても古い地層の大地には人の歴史が、人として地球に降り立った歴史が積み重なって生きている。
その空間を発見した去年のギャザリングでは、やり残した気持ちが強く、今年への課題となっていた。
そんな大地で日本で2例目となる”サイ”の化石が発見された。そのニュースの前には海底から元寇時のモンゴルの船も土泥の下から発見される。
「もっと鷹島に親しみなさい。」と、背中を押された気分で望みたい。
a0154870_124431.jpg

a0154870_12444576.jpg
a0154870_12462968.jpg
a0154870_1248448.jpg

一回目セキアヒルズでは原爆の火を燈し、原子力爆弾で亡くなった人々の英霊に祈った。
日本人として忘れる事の無い戦争の歴史。今でも世界中で紛争はなくならないが、なくして行きたい。と、いう気持ちを祈る。
祈る行為を通し、子供達にも眼に見えない庇護の中で生きてゆける安心感を育てる。
二回目から不動明王のお導きにより法要という形で祈りを捧げてきた。
そして、去年の大災害と災害に伴った原発の人災の為に亡くなった英霊に祈りを捧げると共に原爆事故で傷ついた心へも祈った。「貴方が輝きますように。」
大震災の影響が少ない島で暮らしていると、傷ついた心に鈍感になる。そんな心に何時も響いている、貴方の言葉、「東北を忘れないで。」 
悲劇を忘れたかの様な政治と経済界の原発再稼動への地ならし。それはもう始まっている。
原発の無い安心した生活を守るために祈る。
未来の子供達が安心して暮らしてゆける大自然を残すために祈る。
一人一人が光輝けるように祈る。
a0154870_13281171.jpg

そんな想いを乗せて鷹島フルム~ンギャザリング二千自由弐年の準備を始めました。
想いを共有出来る貴方の参加をまっています。
[PR]
by nuinalukaratu | 2012-03-25 13:33 | フルムーンギャリング

怒涛の3月

「背後にはエンジンの音、前方には瀬戸内海。僕はタバコなどをステージで吸っています。」と、ナミさんの話から始まる生録M,D。
もう、5~6年前の広島宮島での満月祭ステージ。ボキも誘われて行っていた。
その時にナミさんが話す言葉の中に、「すべては自分から始まる、たった一人の進軍。一人一人の選択が世界を作ってゆくのです、無関心にならないでほしい。」と、有った。
「人生には雨の日のあり晴れの日も有り、色々な日が有る。今日はタマタマ雨だけど、、、。」ギターと歌がはじまりる。
南正人ファンクラブを立ち上げて「ナミさん祭り」を始めた頃からボキは強烈なナミさん追いかけだ。ストーカーまでは至っていないけど、録音機を持っている頃はナミさんと一緒の時は常に持っていて音楽でも会話でも録音していた。今でも、店番しながら聴いている。
何故か、心が落ち着くのです。
2月のタイ、チェンダオでのシャンバラ祭りから戻ってからの日々は、春満開に合わせての旅を予定していたかの様に南へ東へ動き回っている。今朝、三角の「原発事故チャリティー平和音楽祭」から戻った処でしゅ。
a0154870_13313237.jpg

a0154870_1333254.jpg
a0154870_13332467.jpg

年越し正月に行われたイベントに駆けつけてから、再度の平和音楽祭。
今回は38日間のロングイベント。毎日様々な企画が立てられていて、見所聴き所満載なので行ってみてね。
a0154870_13594714.jpg

今回のBONGERSもトビウオリアキちゃんとご一緒して、吸う曲演奏して来ました。
オーガナイズのJHA村君から「吉田けんごさんもいらっしゃるのでドラムスを叩いてもらいますか?」と、言われていたので呼び水と思い、二曲目に下村誠さんの曲を歌ったら速効ステージを観に来てくれた。
ドラムスでは競演出来なかったけど,[また下村さんの曲歌ってね。」と、言われ嬉しかった。
過去に歌われた名曲には魂を揺さぶられる曲がたくさん有り、そういう曲を歌い繋げて行く活動は人々共感を得られる。誰にだって聞いていて純粋な心に戻れる音楽があるはずだ。
そんな曲をボキは歌いたい。もちろん、自分の伝えたい心も歌うけどね。
またナミさんの話に戻るけど、去年の”ナミさん祭り7”でも南正人ソングブックにコード進行を書いてもらい暇が有れば歌っている。歌っていると、今まで聴いていたより以上に歌詞世界に引きずり込まれる。
凄いんです、ナミさんの歌詞世界。
シャンバラでナミさんから「ぺポパを発信でよ。」とのミッションを与えられたボキは、そのぺポパについて思考を巡らせ、阿部ちゃんとのミーティングをチェンマイで済ませ、唐津へ帰ってからもヘポパをどう表現するか考えていた。
a0154870_14195276.jpg

a0154870_1417770.jpg

へもポもパも緩む音。人生を緩く歩く教義とでも言おうか?
そんな教義を含む世界観がナミさんの生き方には付いて回る。
1960年代から音楽活動をしているナミさんは、その音楽活動以外にも環境保護運動、反原発運動、大麻解放運動、などで知られる。カウンターカルチャーを地で行っている人だ。
そうやって40年もの長い時間を戦って来た人と現在接していて、感じることはアクティブに運動を語るより身の丈を知り、自分自身の言葉で未来への平和を語る事の大切さなのかな。
ソングブックに書かれた歌詞をギターを弾きながら歌う。それはお坊さんが歌うお経の様な感じだにゃ~。と、何時しか思う様になってきた。
ヘポパ教の経典はナミさんの歌詞だ、と確信したボキはそれからお経を読むように歌っている。
a0154870_14361299.jpg

今月は色々な場所で歌わせてもらった。
今日も近くのキャデラックランチで開催される「春風ミーティング」で歌わせてもらう予定。
今晩明日と行われる、春を迎えるお祭りです。たくさんのライブに餅つき、出店と盛りだくさん、お近くの人も遠くの人も遊びに来てね~。
a0154870_14394918.jpg
a0154870_1440853.jpg

こんな新しい忍者ジャケットも縫い上げました。
今回見つけた生地の中でも珍しい線描きバティックの藍染め麻生地はアンティークだけど、しっかりした厚みが有る目が詰まった麻布で作ってます。
それに、A HOPE HEMPの新作が上がって来たのでNUI NALUアレンジを加えてます。
a0154870_14432642.jpg
a0154870_14434375.jpg
a0154870_14435931.jpg

まだまだ色々着いてますから順次紹介しますね。
[PR]
by nuinalukaratu | 2012-03-19 14:44 | NUI NALU

春満開

ヘポパから戻ったボキの生活は、睡眠時間を削っていた頃と変わらない。
変わったのは気温、陽の力、北風、それに最近は花粉が舞っている空気。
それは春満開への予兆みたいなもんで、鷹島の森さんは「去年ステージを作っていた場所は菜の花が満開ですよ。」と、先日8月のフルム~ンギャザリングの件で電話した時に話してあった。
しかし、住まいの辺りには黄色の花が咲いている場所はまだ無い。でも、最近はピンクや赤みがかった梅の花が綺麗だ。
3.11は何処で迎えた? ボキは宮崎県日向の太平洋に居た。
九州移住者の人たちが新しいコミューンを形成している、最近の宮崎。
宮崎北部で、その中心的存在だった”ロトハウス”の4周年パーチィーに行ってみると、新しい顔ぶれが多いのに驚く。すごく盛り上がっていた。
ボキは一人で歌わせてもらった。チェリーがステージ前で聴いてくれて、初めての場所だったけど気持ち良く歌えた。
ロトハウスは今は閉店状態で、近くに引越しらしい。ロト君の事だからまた素敵な空間を作るんだろうな。
a0154870_1854726.jpg
a0154870_1855972.jpg

みんなとの出会いは何時も「虹の岬祭り」で、だったね。
九州の祭りシーンを作って来たこの祭りは今年も開催される、場所は大分県国東半島龍神ヶ浜。去年とおなじ場所です。
ヘポパから帰還してからの初ライブも、虹の岬祭りキャンペーンに回っているロクちゃんと佐賀ROCK RIDEで、リキを交えてBONGERS。盛り上がってました、オーガナイズしてくれた西君ありがとう。
a0154870_18151097.jpg
a0154870_18152760.jpg

そんな中、大阪で開催されていたA HOPE HEMPの新作展示会用に幾つか手描きでデザインを書いてみた。スモークムーンにマーメイド、藍染めヘンプTシャツにはお似合いでしょう。
a0154870_8461818.jpg

a0154870_8482372.jpg

長袖Tシャツの春物は曼荼羅プリントと草忍シリーズ”木の葉隠れ”から出来上がっています。
a0154870_8475634.jpg

そして、タイダイ腹巻も。昨日シュウセンがお腹の大きな妻君へのお土産に買ってくれたので残り2点。
男性諸君より女性に人気な腹巻、ハマリマスヨ!!
と、せっかくなのでタイから買い付けた商品のご紹介。
a0154870_8542748.jpg

アカ族の羽織。パイピング入りですごく丁寧に作ってあります、刺繍が綺麗。
a0154870_8554281.jpg
a0154870_8555312.jpg

こちらもアカ族。両方ともにデットストックの新品です。
a0154870_945781.jpg

上のジャケットのはこのパンツを合わせるのがアカ族。シルク刺繍が綺麗なレア物です。
a0154870_857012.jpg

アカ族の脚半(すねに装着)は古着。大きなサイズが少ないけど、腕輪にも使えてよさげです。
a0154870_8584565.jpg

山岳民族の生地で作ったタイパンツ。織り模様が綺麗なシルク混素材、素敵よ~ん。
a0154870_8585775.jpg

これもかすり織りの生地で作ったショート丈タイパンツ。
a0154870_922431.jpg

こちらも絣タイパンツ。
a0154870_905273.jpg
a0154870_91740.jpg

股下がゆとりが有る、通称アラビアパンツは派手な色目を揃えてます。
a0154870_93539.jpg

最近のボキのお気に入りがこのタイプ。時分でデザインして縫っています、通称忍者パンツ。モン族の手織り麻生地使用。
忍者ジャケットを併せて着るとこんな感じです。
a0154870_911483.jpg

オリジナルな世界感をお贈りするヌイナルでは、ここ10年くらい春夏物は麻の服が中心です。
それは、涼しく、通気性が良く、放射能から身を守ってくれます。しかも、強い。麻の繊維は綿などと比べ強い事、野外遊びの多いボキのライフスタイルを支えてくれる麻の服。しかもタイのゴールデントライアングルヘンプはオーガニックで手紬、手織りなのです。そんな素材日本にはもう無いです。
a0154870_9204457.jpg

ヘンプコットンにバンブー素材が組み込まれた生地のレディースTシャツ。
M&M ダイワークスの末松ちゃんに頼んで染めてもらった。良い色に仕上がっています。
a0154870_923737.jpg

半袖も少し出来上がっています。
a0154870_1254551.jpg

手紬の肌触り良いヘンプ糸で出来ているポンチョ。麻に身を包んでください。
まだまだ紹介したいアイテムは多いですが、まずはこんな感じです。
a0154870_929087.jpg

今年は寒かったので波も大きく、まだまだサーフシーズンは終わってません。
先日も波が良かった日、浜崎海岸では初心者に良さげな波が割れてました。
a0154870_9314968.jpg
a0154870_9321270.jpg
a0154870_9323339.jpg
a0154870_933139.jpg

その後串崎ビーチへ向かうと、サイズも上がっていてバレルへ突っ込める波だった。
あ~忙しいにゃ~。
[PR]
by nuinalukaratu | 2012-03-15 18:19 | NUI NALU