虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「茜色の光を受けて立ち止まっているとき、、、」と、歌うナオキの声を聴きながら昨日現れたコウタロウの事を想ったりした。 
a0154870_14395341.jpg
タダシがCHEECHになる頃に住んでいた桑野君の家の一階の部屋に、以前ナオキも住んでいたらしい。 そんな話をした翌日に奄美大島から愛染めが届いた。
藍染めに魅せられて奄美へ越して行った”海宝堂”から。
a0154870_14134097.jpg
a0154870_14135140.jpg

80cmロンパース ALL COTTON ¥3,900
a0154870_1415433.jpg
a0154870_14155491.jpg

ロングスカート ONE SIZE HEMP/COTTON ¥12,000
a0154870_1417528.jpg
a0154870_14171768.jpg

第二回虹色温泉祭り L-SIZE HEMP/COTTON ¥4,400
a0154870_14183067.jpg

HEMP 100%+麻葉曼荼羅プリント M-SIZE ¥11,800
東南アジアの少数山岳民族が履く俗名三角パンツ。日本でも修験道の行者が履いている、股下がゆっくりあまっているパンツです。最近ボキもはまっています。
a0154870_14202046.jpg

LEVI'S 646 SIZE30inch ¥7,900
古着の1970年代フレアコーディロイを染めてもらいました。
a0154870_14212275.jpg

LEVI'S 501 SIZE32inch ¥8,500
こちらも古着のベーシックストレートジーンズ代表格501の1980年代ナチョラルカラーを染めました。
a0154870_14263644.jpg

A HOPE HEMP"のヘンプソックス メンズ&ウーメンズ ¥2,800
愛溢れる手作り商品はすべて一点ものです。
お早めに~。
そして、以前NUI NALUのスタッフをやっていてくれていた”マッチャン”こと広松君が念願かなって自分のお店を開店させるべく張り切っている。
お店の場所は福岡市中央区白銀。渡辺通りの高砂から西へ向かう途中に有る路面店、名前は白銀パイン洋装店と言ったっけ?
a0154870_14474061.jpg

近くの交差点の信号には「高砂1丁目南」と、有る。
a0154870_1448582.jpg

そのすぐ近くの1階なので、通りを通る人はすぐ解かるよ~ん。
a0154870_14502794.jpg

このシャッターも色を塗り替える予定だと、話していたマッチャン。
開店日は来月2月4日(土)と、なっています。夕方から夜にかけて開店祝いライブをやらせてもらいます。
BONGERSの面々に、豪華ゲストが来てくれる事になってますからマッチャンのお祝いに駆けつけてくれる方お待ちしています。
新芽も吹き出し、もう暖かな日差しもチラホラしてます。
お店に遊びに来てね~。
a0154870_14311090.jpg
a0154870_1431345.jpg
a0154870_14315396.jpg

昨日の夕日は綺麗だったにゃ~。
もう、新芽も咲きそうだ。
[PR]
by nuinalukaratu | 2012-01-28 14:55 | NUI NALU

日常に潜む可能性

二千自由弐年の初満月を楽しんでますか?狼男にかぐや姫さま。
a0154870_13491528.jpg

月の満ち引きが大きく影響する海に生きているボキ達にとって冬の大潮は美味しい味覚を与えてくれる。
海のミルクこと”牡蠣”の天然物が日本全国あちこちに生息しているけど、自然からの利息を頂く事を忘れていない人が今回も回収してくれて振舞ってくれた。
近くの石釜ピザが美味しいお店TIMBERSのマスター大輔さん。
その時の様子は吉福くんのブログでみてね。
楽しかった新年会の翌日は波乗りしなかったけど風も無く良かったのでは?
今年の冬は波がとにかく良い日が続く。
a0154870_144896.jpg
a0154870_1445323.jpg

a0154870_145586.jpg

a0154870_149762.jpg

北の海がホームポイントのこの辺りはサーフィンのホットシーズンが今なのです。
気温10℃以下、水温5℃くらいが日常だけど、ドライスーツを身にまといグローブにブーツ着用で寒くないのはウェットスーツの進化のおかげです。
天草の三角から戻って毎日早ね早起きの日々。
波乗りとストレッチの無限ループにハマリながら体調はすこぶる良い。冬恒例の寒冷蕁麻疹も今年は出ない。何故かな?ま、出ないにこしたことは無いのでありがたい。これも褌、腹巻効果?
a0154870_14233986.jpg

a0154870_14235946.jpg
a0154870_14253452.jpg

”ママチャリブルーズ”と、いう曲をTIMBERSの5周年記念ライブ用に作って今でも歌っているんだけど、その時分と今では変わり、ママチャリも浦君にアゲテ無い。それで、最近の散歩はスケボーで行っている。
昨日も、長男の優作がサッカー大会の開会式で選手宣誓をやった時の写真が読売新聞に出ている、とコンビニへ買いにスケボー出掛けた。相棒は末っ子の光。
a0154870_14312699.jpg

このサッカー大会のメインスポンサーは九電。
ボキは読んでいる西日本新聞では連日九電や原発関連の記事が目に付く。そりゃ~古川知事みたいな嘘吐きが県政のトップに君臨している佐賀県では地元のメディアの監視が必要だし、もっと突っ込んだやり取りが県議会などでは行ってほしい。
そんな地域に根付いた電力会社は公益企業なんだから、その事を忘れないでほしい。
何故なら、上記のサッカー大会への協賛などはほんの庶民受けにやっているかの様に、今年も玄海原発が有る玄海町の町議や町職員を招待した新年会が九電の支払いで唐津城近くで行われたからだ。
こういうのも、公益企業だから許される電気料金上乗せから支払われている。
原発再稼動の為にはこれからも色々な懐柔策を九電は繰り広げるだろうけど、もう福島の現実を見ている人々の共感は得れないだろうし、お金で未来を売る事を許さない人々も増えているんじゃないかな。
a0154870_1503676.jpg

再生エネルギーを活用する世の中の実現に向けて様々な分野で新技術の開発が進んでいる。
その事を書きたくて今回のタイトルを「日常に潜む可能性」とした。
海上に設置する風レンズ風力発電も試験段階に進んでいるし、潮の流れを使った潮力発電も可能性が高い。しかし、以前から注目していた水力発電が一番良いようだ。
何故なら、水が豊かなこの国には1400万KW(玄海3、4号機の10機分)の開発余力が有るそうだ。
ちょっと山の手へ行けば沢が流れる地はたくさん有るので、小型の水力発電で家庭電力を賄うなど普通に出来る事だと解かりかけてきたし、農業用水を利用する手も有る。
しかも、水力発電は水の落下で発電タービンを回すだけなので故障の時は簡単に直るらしい。
要はアナログなのだ。それで、100年くらい前に作られ現在も稼動する水力発電所も大分県に有る。
a0154870_15165525.jpg

滝が好きな画家の横尾さんの著作を読んだり、滝の絵を見たりしてたら行く先々で滝が目に付き始めた。
近ずくとマイナスイオンたっぷりな空気に癒され、景色に見入ってしまう。
水の神様は竜神様。海へ入る時も竜神様への挨拶は欠かせない。
竜神様から電気エネルギーを頂く水力発電の可能性をみつめよう。
[PR]
by nuinalukaratu | 2012-01-11 15:24 | NUI NALU

二千自由弐年

新年あけましておめでとうございます。
今年もNUI NALUから独自の視点で情報を発信させていただきます。
a0154870_18153439.jpg

a0154870_18161273.jpg
a0154870_18164486.jpg

今日は新年の5日。
天気も良かったし、波も大きいのでボキの住む浜崎海岸から北の対岸に有るポイントへサーフィンに出掛けて来た。
冬の季節風が吹き荒れる時、大きなうねりは人知れず半島の裏側でブレークしていた。
最初は何時ものホームポイント串崎へ行ってみたけど、まだうねりがまとまっていない。
それでも、カヌーサーフィンを楽しむ人が居てしばらく見ていた。
a0154870_1826533.jpg
a0154870_18262583.jpg

やっぱりいま一つだにゃ~、と思い西へ車を走らせた。
何時もの神社の近くに車を泊め、海を見ると綺麗なうねりが来ている。
a0154870_18285523.jpg

新年初乗りには最高のファンウェーブが来ていること間違いなし。そんな想いでポイントに着くとショートボードのライディングが見えた。
サイズは頭くらいのマシンウェーブ。
気持ち良かったにゃ~。
残念ながらカメラを持って行けない場所なので写真は有りません。
そんな初乗りを楽しめた今日だったけど、昨日は風が強くせっかく初乗りに来ていたアイキンはサーフ出来なかった。やっぱりこの時期の唐津ではオール3mmのウェットスーツは寒いのよ。海水が入らないタイプだったら少しはましだけど、ノーマルジッパーではちべたい。
では、寒くない様に風が入らないポイントをチェックしたけど乗れるほど波は来ていない。
a0154870_1839183.jpg

波乗りを諦め、近くの浦君家に暖まりに寄った。
a0154870_18402062.jpg
a0154870_18403417.jpg

やっぱり薪ストーブは暖かい。
寒い時期は嫌いだけど、焚き木が好きなボキは火の前は最高だ。
去年の大晦日から熊本県の天草の付け根、三角で行われた震災チャリティーイベントに参加して来たけど、ここでも常に火を焚いた生活が在った。
a0154870_18454296.jpg

a0154870_18461694.jpg
a0154870_18463837.jpg
a0154870_18474762.jpg

ここ数年は年越しを大牟田のガンボで集まり、カウントダウンをやって来たけど、今年はチャリティーを企画した熊本のJHA村君からの誘いにのってみた。
会場が三角という懐かしい地だった事もあり、ワクワクドライブで到着したエコビレッジ「サイハテ」はみかん畑の中に幾つ物建物が在る山の上。
眼下に広がる海は不知火海。対岸は天草という見晴らしが最高だった。
a0154870_18533297.jpg
a0154870_1854178.jpg

この地に移り住み、コミューン作りを始めている熊本の仲間達。
自然との共生が生活を豊かにしてくれる事を知っている。
そんな仲間達とチャリティーイベントを企画して運営していたJHA村君、「おめでとうございます。」
こんな素敵な年越し&お正月イベントに参加できて幸せでした。
a0154870_12213940.jpg
a0154870_1222325.jpg
a0154870_12222159.jpg

a0154870_12234085.jpg

大晦日のBONGERSの演奏は風太郎(ギター)、トビウオリアキ(ビオラ)、ダイスケ(コーラス、タイコ)にボキでやった。何度かリアキちゃんともやったことあるけど、九州では初めてで楽しかったにゃ~。
この日のラストソングでナミさんの曲をやったんだけど、バックで風ちゃんがすんごい音を出していた。後でどないして出してたん?と、聴いたら「ビオラに対抗していた。」とリアキちゃんとの競演が生んだ音だったんだにゃ~。さすが風太郎兄貴やってくれましゅ。
a0154870_123255.jpg

年越しの黙祷。
そして、新年一発目のライブはDADA CHILD。
a0154870_12335686.jpg

九州の祭りシーンを作ってきた風太郎にDADA CHILD。お互い切磋琢磨して高めあっている。
そんな仲間達をボキは自虐的に”打ち捨てられた男達”と呼んでいる。もちろんボキも一員なんだけどね。
そんな男達にも今年のお正月は最高だった。
a0154870_12384592.jpg
a0154870_12385871.jpg
a0154870_12392280.jpg
a0154870_12393872.jpg
a0154870_12395990.jpg
a0154870_12401339.jpg

虹の岬祭りの仲間が集い、お正月料理を持ち寄り、地酒も持ち寄り集まれば宴会でしょう。
お酒が弱いボキもお正月くらいは熱燗をちびりやりながら、ともちゃんの地元のお雑煮がわりという料理「こずゆ」を頂き幸せな気分満開でちた。
眠くなったらその場で雑魚寝。畳が敷いてあったので寝袋持参の人はすぐ虫の繭状態。あちこちに繭が転がっていて面白かった。冬は屋内が有ると良いね。
a0154870_12523299.jpg
a0154870_12525355.jpg
a0154870_12534213.jpg

飲食店から蜂蜜やさんにマッサージにヒーリング、タロット占い、などなどのお店は、馴染みの仲間から震災後の移住者の人など。震災後に九州へ来ている人が多い昨今、常に新しい出会いが有る。
懐の深い九州は東西南北様々な景観が有り、文化も違う。何処か住みやすく感じる場所が有るかもしれない。何時でも九州に来てね、歓迎しましゅ。
a0154870_1415725.jpg
a0154870_14153235.jpg
a0154870_14154525.jpg

ビオラ奏者トビウオリアキちゃんはパートナーのケイタともども、画家の薬師丸郁夫さんたかちゃんから紹介されてお祭りで時々遊んでもらっていた。その二人がケイタの故郷諫早に転居して来たので、年末NUINALUに来た時にこのイベントに誘い今回競演する事が出来た。
ビオラの音は間延びしたボキのボーカルと相性が良いので、歌っていても気持ちが良い。
そして、他のミュージシャンが対抗して何か新しい事をやってくる。面白い。
そのリアキちゃんが仲良く一緒に音楽もやっている川原一紗&藤川潤司さんも今回参加していてボキは初体験だったけど川原一紗さんの声には感動した。
ボキの母方の故郷玉名の人と聞いたので何か親しみを感じた。
女性は神秘的だ。
以前エディーさんが「九州が独立国になったらリーダーは誰が良いですか?」と、聞いたので「チーこさん」と、答えた。チー子さんとは沖縄で暮らす音楽家の小島さちほさんだ。
現代は古代に起こった”赤椀の世直し”が必要になってきている気がする。
話はわき道にそれるけど、、、、。
女性のリーダーが増えないと平和な世の中は来ないと思う。女性の活動家が増えてきているのも現代が悪くなって来ている証拠よ、男性諸君奮闘を祈る。(ボキもがむばりましゅ)
a0154870_14393923.jpg
a0154870_14411124.jpg

最後に今年は辰年ですね、マヤ暦の終わりの年でも有ります。
色々な変化が予感される年の幕開けです。
NUI NALUは自然回帰運動を推し進めるお店です。原発やダムがいらない世の中に戻る為には都市化が進む傾向を改めなければいけない。未来永劫人間が人間らしく生きる為には環境破壊を繰り返すべきではない。ガイヤの上で暮らしている以上自然災害から逃れることは出来ないけど、人災には遭いたくない。人間のコントロール出来ない技術はまだ未熟だし使うべきではない。
我々の祖先は古代から伝わる技術で幸せに暮らして来たんだ、ダムや原発が必要になるのは人間が密集して暮らす為。なくなってほしい物をなくす為には人間が分散して住む必要があるし、過疎化が進む今もっとも必要とされているのは地方での人力です。
a0154870_14565038.jpg

二千自由弐年皆様の心が平和でありますように。
[PR]
by nuinalukaratu | 2012-01-05 18:34 | NUI NALU