「ほっ」と。キャンペーン

虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ナミさんまつり6

古いダダチャイルドのカセットテープに挿入されていたナミさんの名曲「Rolling Stone」を聴いて、ナミさん祭りを思いついた7年前。
その当時のナミさんは、タイでの「いのちのまつり in Chengmai」開催後何時ものように全国各地唄旅回りにて各地のフリークに心を届けていた。
a0154870_1324528.jpg

a0154870_13251612.jpg

ボキはと言うと、「いのちのまつり in Chengmai」で聴いた”チャラスのシェリフ”がコンピレートC,D「OPEN TUNE」に挿入されていたを知り、”チャラスのシェリフ”を聴き狂い、初のナミさんTシャツをデザインしていたりしてた。
そのデザインを持って訪ねた大牟田の今は無きお店で、「ナミさんTシャツをデザインしてみたんですけど作っても良いですか?」と、訊くと快く「僕のTシャツは始めてだよ、嬉しいな。」と喜んでくれデザイン画に”NAMI”とサインを入れてくれた。(マニアは持っているかな?)
そんな絶好調のナミさんに事件が起きる(KEEP ON第十一章)。
a0154870_13292725.jpg

2003年ナミさんは内なる旅を始めた。今に始まった事ではないだろうけどロックミュージシャン南正人の軌跡を還暦を前に振り返ってみたかったのか?
この年リリースされたCD「SONGS~歌たちよ~。」は、ナミさんが多重録音した曲「メッセージ・ソング」から始まる。

7年前唐津神集島は始まったこのお祭りは当初ナミサン(南正人さん)の還暦祝いでした。しかしその後はヒッピーの知恵の伝承を理念に毎年開催しています。
1回目は春に開催しましたが、2回目からは収穫の季節”秋”に開催時を代えて祀っています。
ナミさんの演奏のみならず、ナミさんに影響を受けたミュージシャンが多く集まりナミさんのトリュビュートソングを聴かせてくれるのもこの祭りならではです。

a0154870_15545148.jpg
a0154870_1555610.jpg

~~~~~~ナミサン祭り sonoroku~~~~~~~

@4-C RANCH 佐賀県唐津市佐志2706 ℡0955-74-7972

http://karatsu-city.net/4c-ranch/

車でのアクセス:
a0154870_15342256.jpg
a0154870_1534371.jpg

国道204号線を佐賀県唐津市街地から呼子方面へ、唐津南高校を過ぎ2k程進むと左手に上場台地が見えて来ます。
a0154870_1535589.jpg
a0154870_15352171.jpg

徳昌寺を過ぎたら佐志の信号出てきますので山側へ左折し山を登って行きます。
a0154870_1535504.jpg
a0154870_1536225.jpg

お店(カントリー牧場4C-RANCH)の看板が出たら右折して少し登ります。
a0154870_15363425.jpg
a0154870_15364734.jpg

登りきった所で県道340号線と交わります。
a0154870_15373743.jpg

a0154870_15371637.jpg

その先に池が在り4C-RANCHが有ります。(唐津市内から20~30分)

電車でのアクセス:西唐津駅からタクシーが便利です。

a0154870_15384138.jpg
a0154870_15385972.jpg

”ウエスタン牧場フーシーランチ”は友人が経営している、乗馬体験が出来る牧場です。
上場台地の農地が広がる池の横に有り、玄界灘が望める気持ちが良いところです。
牧場内にはスケボーランプが在り、スケボーKID'S達が多く集まるスポットです。
a0154870_15392634.jpg
a0154870_15394070.jpg
a0154870_1540086.jpg
a0154870_15401434.jpg

牧場内にテントやTIPIを張り、4C-RANCHカフェを主体としたステージで音楽を奏でます。
秋の夜長を焚き木とともに馬の聖地で明かしませんか?
a0154870_15404494.jpg

a0154870_15411562.jpg
a0154870_15412954.jpg
a0154870_1541481.jpg
a0154870_1542148.jpg


   10月15日 準備 前夜祭

   10月16日 ワークショップ ライブ

   10月17日 ワークショップ ライブ

   10月18日 あとかたずけ

☆ライブ☆
a0154870_15555240.jpg

南正人
a0154870_15564989.jpg

龍太郎
しす
a0154870_15583967.jpg

風太郎
松井たかのり
a0154870_1604725.jpg

BONGERS
a0154870_1613733.jpg

ライオンサーカス団
a0154870_1623488.jpg

DADA CHILD
a0154870_163252.jpg

玄武&88プレイヤーズ
a0154870_1634053.jpg

BONE TATUYA&MJ'S
 
日本アナログ党D,J
a0154870_12525263.jpg

HaL
YOSHIFUKU
SHIRAISHI
egg
ZOMBIE
a0154870_12522622.jpg

and RANDOM
          
☆ワークショップ☆
a0154870_1642316.jpg
 
a0154870_12573499.jpg

17日昼前よりGURUGURU工房草木染め。
鳥取県倉吉市の藍、草木染め絞り作家「加納伊佐子さん」が手ほどきしてくれます。
自分で絞りを入れた作品を作る機会です。
もちろん今回もグルグル工房の作品も展示販売しますのでお楽しみを。
a0154870_1258983.jpg

我即神也印
覚えたいとお思いの方はぜひこの機会に、ナミさんから直伝で教われます。
       
☆ナミさんシンポジューム☆
a0154870_12555876.jpg

ナミさん研究がライフワークのボキにはナミさんに聞いてみたい事が山盛りで、60年代からのロックシーンを体感して来た細胞から出てくる話や歌をナミさんと一緒に居る間は沈没するまで聴いている。
a0154870_12563276.jpg

ボキが始めて聴いたナミさんの曲は「上海帰り」、しかし演奏はサンセットギャング。
第三書簡から発行されていた本を読んで見つけたコラム。
70年代は東京発の日本語ロックを先導していたグループに在って、その存在感が光るアルバムを多数リリースしていた時期の話。  そんな話も訊いてみたい。
a0154870_1257135.jpg

シンポ中、未公開写真をスライドショーしながら質問を浴びせる。
と、いうのも企画中です。
お見逃し無く。
a0154870_1301449.jpg

一般人の外国旅行が解禁されてすぐに海外漫遊に出ているナミさん。(もう、50年以上も)
そんなナミさんから現地の事情を訊いてみよう。

シンポジュームはもちろん皆さんも参加出来ますので、ご質問などがあれば考えていてね。

☆会場内でのお願い☆
   
4C-RANCHは馬の聖地です、池には竜神様もいらっしゃいます。
トイレは指定の場所でお願いします。
野外では絶対に止めて下さい。
駐車場に限りが有ります、乗り合いで来て下さい。

☆楽市楽座☆

飲食、物販、マッサージ、占い、耳掻き、出店無料
会場の広さに限界が有る為にメールか電話で要予約!
予約無い場合は出店をお断りする場合が有ります。
車は駐車場に泊めてもらいますから車内販売は出来ません

☆参加費☆ ともに1ドリンク付き

通し券  ¥3,000
17日のみ¥2,000

インフォメーション
NUI NALU
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1452  
0955-70-5432
h.morita@vega.ocn.ne.jp
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-09-24 13:29 | 南正人ファンクラブ

演奏予定

10月9日 @熊本県阿蘇市坊中キャンプ場 ”あそびのくに”
出演予定時刻 深夜
a0154870_13213264.jpg
 
http//asobinokuni.jp

10月16、17日 @佐賀県唐津市佐志2706 ”ナミさんまつり6”
出演予定時刻未定
a0154870_1327118.jpg


~NiJiiRO ONSEN GATHERING~
『虹色音泉まつり』
a0154870_1525945.jpg
2010年11月26日(金)~28日(日)大分県 別府市 市内あちこち
☆26日(金)20時~@カッパーレイブンズ

今回はフルメンバーよ~ん。

お祭りは27、28日と続きます。
精細はこちら
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-09-24 13:28 | BONGERS

サーフ用品秋物の紹介

台風の影響が始まった唐津のサーフシーズン。
今年の9号は進路はバッチリだったけど日本海に入ってからスピードが速くなり、あっと言う間に太平洋に抜けて行った。
それでも4日間ホームポイントで遊ばせもらい、久々の充実感に身体の疲労感そして日焼けが残った。
a0154870_14161988.jpg
a0154870_14164269.jpg
a0154870_14165883.jpg

台風が東シナ海を抜けて唐津に近ずいた頃より”うねり”が串崎にも届きだし、抜けた火曜日にはサイドオフショアのコンディションの中、様々なボードを持ち出してきたサーファー達で賑わった。
ボキも最後に乗った一本はでかかったな~。でもテイクオフのみでメイク出来なかった、それはうねりを見つけてアウトへ駆け出したけどピークは掘れていたから。
ま、明日も楽しめるだろうと思いその日は上がり帰宅。
その翌日は干潮時を見計らい深江PにM君とMちゃんと出掛けた。
写真は無いけど非常にロング向きの良い波が届いていて、ロングライドを楽しんだ。この日初のロングボーディングだったMちゃんは、その大きな安定感でのサーフィンが楽しいと言ってくれて薦めたボキも嬉しかった。
a0154870_14284322.jpg

串崎Pからは西に神集島(先日フルム~ンギャザリングがあった島)が見える。
a0154870_14325987.jpg
a0154870_14331372.jpg

台風も過ぎて3日目は天気もピーカンで波は小さめ。
それでも時々入ってくるうねりを待ちつつ、気分は海水浴。
a0154870_14353064.jpg

先日もご一緒だったM君はこの日も現れる。潮の具合も良くなって来た頃だったけどセットは少なめだった。
でも、中にはノーズへ走れる波も有ったりで楽しめた。
M君もこんな感じで楽しそう。
a0154870_14375413.jpg
a0154870_14381569.jpg

秋のサーフシーズンインって感じのここ数日だったけど、海にはクラゲも多くなってきているので皆さん要注意ですね。
肌が弱いボキは2mm半そで長ズボンのウエットスーツにラッシュガードを着てクラゲ対策をしている。
刺されると痒いし後に残るので対策は万全にがモットーにね。
a0154870_14504432.jpg
a0154870_14505714.jpg

こちらは2mmのフラットスキンで出来たタッパ-ね、北風が強い時はこれが有ればトランクスでも大丈夫ね。
素材は柔らかい日本製。
a0154870_1534991.jpg
a0154870_1535946.jpg
a0154870_1541231.jpg
a0154870_154275.jpg

NUI NALUでは、これからの日本海で活躍するラッシュガードに起毛加工されたターフオペロン生地がお勧めです。厚みが有るためにクッション性も有るし、スタンダードなラッシュに比べて風が吹いたときに体温を奪われない。(写真では解りにくいけど裏起毛です。)
寒い冬でもウエットスーツの内部に着込めば暖かいし、年中活躍するアイテムだ。
女性用にはこんなタッパーも有ります。
a0154870_1595510.jpg

a0154870_15413948.jpg
a0154870_1542117.jpg
a0154870_15421263.jpg

クラゲに刺されるのも気にしない人はフラットスキンのベストやロングジョンがパトリングは楽よね。
肩から袖が無いと開放感が有ります。
そして最後に、これからのアウトドアーで大活躍できるアイテムの紹介。
それがこの写真のフラットスキンスリープマット。カウチに掛けている大きなウエット生地のマット。
a0154870_15132255.jpg

大きさは200cm×127cmの大人が大の字になって寝れる広さで、厚みが3mmのフラットスキンを使っている。片面にはジャージ素材なので耐久性が良くよごれにくい。
ボキは2年くらいサンプル的に使っていて、見かけた人もいるでしょう。
シーズン問わず、ビーチでのストレッチやヨガのマットやらキャンプの時にスリープマットに。
でも、この素材が大活躍するのは雨で身体が冷える時などの荒れた天候の時。
濡れても水切りが良い素材ならでは使い方が出来て、マットだけでは無く身体に巻いて防寒対策みのなる。
ボキの車の中には何時も常備していて、車中泊でも安眠の助けになっている。
以前から商品化を望む声が多かったので今秋にデビューしました。
写真でモスグリーンのジャージ素材は色々なカラーにオーダー出来るので、貴方だけの一枚をどうですか?

[PR]
by nuinalukaratu | 2010-09-12 15:31 | NUI NALU

二千自由年終了しました

今年で2回目のフルム~ンギャザリングは唐津の神集島で6日間、始まりの24日夕暮れ時より29日の夕立の来る前まで音を止めずにやり抜けました。
参加された方々、応援してくださった方々ありがとうございました。
会期中は怪我や事故も無く、お不動様にお祈りしていた様に、皆が笑顔過ごす事が出来ました。
これも神集島の区長さん初め、応援して下さった島の皆さんのおかげです。本当にお世話になりました。

来年はどうなるか解りませんが、また神集島で開催してくれとの声が大きいことを報告しておきます。
それくらい、島でのバケーションを満喫した人が多かったのでしょう。良かった。

では、ボキの回想録をお贈りしますね、長丁場だったので見ていない場面や聞いていない音楽も有りますけど、憶えている範囲で書きます。
写真はボキが撮ったのと、友人が撮ったのを混ぜ込みました、提供してもらったモチ~ヌちゃんやDeeにのりみちゃん、ありがとうございました。

a0154870_936769.jpg


24日の夕暮れ時に始まったフルム~ンギャザリング法要では、浄土真宗のミソ君と浄土宗のシュウセンの二人での念仏に参加者が合唱する。その先には夕日が落ちようとしていた。
神集島で祭りの始まりを祈りから始められた事が嬉しかった。お不動様ありがとうございました。

そしてBONGERSのライブ。
実は出番でバンドメンバーが演奏を始めたのに、ボキはなかなかステージへ上がれなかった。始まりは何時も忙しい、去年もボキが唄いだすまで、演奏を始めてから20~30分くらいかかったので、今年は少しマシでした。
そんな中、何時ものBONGERSより上がっていたとの感想を言われ、「始まりから落とす訳にはいかないよね。」と、答えたボキ。ボキ自身がこれから始まるギャザリングへの期待感も有って上がってました。
それで久々に「Hevy Smokers」も唄ってしまった、早くcheechが帰って来る事を祈って。
a0154870_1055724.jpg
a0154870_106137.jpg
a0154870_1062862.jpg

24日、25日の満月夜には大阪からのゲスト"V,J HiraLion"や"V,J SHINE"V,J Convexxxx"がプレイしてくれて、寝れないフリーク達が集い音楽と映像のコラボレーションに酔いしれていた。
"V,J SHINE"V,J Convexxxx"は地元の若きアーティスト。V,Jのパイオニアに触れてセンスを磨いてゆくだろうな。
浮羽のIBISAから訪れていた画家のバン君も大きなキャンバスをステージ横に張りイメージを膨らませてゆく。(ほとんどキャンパスの前で行き倒れの日々から出来上がった絵はバン君らしいレインボーカラーに)
a0154870_1015546.jpg

両日ともに夜明け前に早起きして水番していたボキがステージ周りに行くと、行き倒れて寝ている人の多い事。
会場のステージ周りやキャンプサイトには蚊がほとんど居なくて、朝方の気温も心地よかったので何処でも行き倒れても大丈夫で、多くの人が体力の続く限り遊んでいたな~。
PAのstudioGAMBO組は畳を引いて万全のかまえ、6日間遣り遂げてフジモッチャン曰く「畳を引いたら10日間はいけるごたる。」との、なんとも心強いお言葉。
ありがとうございました。さすがチームガンボ、次回は”なみさんまつり”もよろしくね~。
a0154870_735011.jpg

ステージ前に陣取ったマユミチャンなんかは体力の限り踊り続け、料理を作り続け、お店は毎日宴会が繰り広げられていた。お疲れ様マユミチャン、楽しかったね。
a0154870_1065626.jpg

そんなステージ周りには幾つもの飲食店や物販店が軒を並べ、朝まで盛り上がっていた。
デコレーション担当のすえまっちゃん、西君、マウちゃんに麻央ちゃん素敵なデコありがとう。
a0154870_1018596.jpg
a0154870_10181640.jpg
a0154870_10183312.jpg
a0154870_1019238.jpg

音楽のスケジュール的には、午前中はアンビエントやゆるめの音が流れ、午後は少し上がって生ライブが始まり、夜にはダンスチューン登場となり、深夜はテクノやトランスで寝れない人々を宇宙へ連れてゆく。
そんなイメージを確認出来ているアーティスト達が集まったおかげで、音楽のクオリティーが高かった。
せっかく数日に渡って島に居るので、時間の許す限りステージに立ってもらおうと2度や3度お願いしたアーティストも多く、D,J TATUISHI君などには最終日の朝から4時間セットを組んでもらい極上の夜明けをプレゼント。
a0154870_10561190.jpg
a0154870_10565523.jpg
a0154870_10571110.jpg
a0154870_10573716.jpg

東京から来てくれたTWIN PLANETのライブの時、梅ちゃんケイジュ龍さんに呼応するかのように空がザワツキ稲光が海峡の先に光る。インディアンフルートの音に会場に来ていた区長さんも気に入ってくれて、それ以来会場を訪れる時間が多くなっていた。音楽の趣味志向は色々有るけど、音に乗って気は伝わる、そんな実感があった。
a0154870_10582097.jpg
a0154870_1058414.jpg
a0154870_10585324.jpg
a0154870_10591670.jpg
a0154870_10594985.jpg

2日に渡って唄ってもらったHOUちゃんも最高だったな~、宮崎の歌姫登場で夕焼け時の会場はピースバイブレーションに包まれていた。
a0154870_1101066.jpg

夕暮れ時は贅沢な一瞬、主役が月へと変わってゆく。
キャンプサイトで寝泊りする人や、旧国民宿舎に住まいを作っている人、寝どころは無く行き倒れる人にやさしい月明かりが降り注ぐ。★を眺めていた眼に映るジグザクの光。未確認飛行物体もたくさん来ていて会場に降り立ったのか?妖怪に宇宙人、満月の夜に、今年は狼男は現れず残念だったけど土曜日には来てくれた。
a0154870_119577.jpg

受付お疲れ様、お手伝いありがとう手伝ってくれた人々感謝です。
a0154870_11102899.jpg
a0154870_11103950.jpg

晴天に恵まれた6日間。暑い日中はクラゲの居ない海水浴場で身体を冷やし、お不動様の湧き水で身を清める。
波打ち際は遠浅で横になり、半分身体を海に着けマッタリするのが気持ちよく、毎日通う家族連れも多く賑わっていたし、アクティブな人は岩場の楽園を見つけ浮かんでいた様だ。
ボキも始まる前にのりみちゃんと磯へ磯遊びへ行き、潜って獲物探すのりみちゃんを横目に海水で冷えた身体を、温まった玉砂利の上に投げ出すと岩盤浴しているみたいで寝てしまった。
そして会場に帰る途中にテレパシーを受け取り、ウエストバックやハットが無い事に気が付き、大急ぎで磯へ戻ると今にも波で流されそうになっているハットとバックを発見したとたんベルが鳴った。
龍太郎さんが会場が解らず遭難しかけていてコンタクトを取って来たんだ。テレパシーは通じる、今回も実感した。
a0154870_11241633.jpg
a0154870_11242822.jpg

今年は東南九州からエントリーしてくれたアーティストも多く、北部九州には馴染みが浅い人たちと仲間が交流できた事も良かった。DeeやKiriwaiiの発見も有ったし、今回初ステージとなった熊本のKukulcan、久保田君の演奏も良かった。SPOOKYはさすがにかっこよかったね、駐車場問題で少ししか聴けなかったけど大活躍のRIKIも演奏に加わっていて皆をスウイングさせていた。
玄武&88プレイヤーズは若手と有って何時も盛り上がっている。テントサイトで横になったヒロリンはその盛り上がりが気になり、寝不足になったと凹んでいたが、そういう時期なのでしかたがない。
これからは盛り上がりそうな人は、家族連れから少し離れる様に気を掛けよう。
流木民のエディーさんや、ヤス達に別府から来てくた虹の岬の仲間も多く、今年大分蒲江で行われた「虹の岬祭り」からの流れが関門海峡を通過して唐津へ届いている感じで、大分女性ジャンベチームの皆も楽しんでいたな~。
a0154870_114321100.jpg
a0154870_11434484.jpg
a0154870_11441136.jpg

会場にはたくさんのハンモッグが揺れていた。
木陰が多く蚊も居ないキャンプ場はハンモッグが最高だと、ブログに書いて来たので販売しているお店も有り、中には大きめのハンモッグに包まって愛を囁く蜘蛛男の声。羨ましいにゃ~。
来年はボキもパイで買って来よう、大き目のヤツ。
土曜日に演奏したDADA CHILDのロクちゃんも、演奏後は昇天した身体をハンモッグで癒して夜中にまた徘徊して楽しんでいた。
今回も九州で活躍しているアーティストに多く集まってもらい盛り上げてもらったけど、クオリティーは高かったと思う。虹の岬祭りの時にロクちゃんが漏らしていた一言「九州のミュージシャンでまつって行きたい、祭りを一緒に作ってゆく人たちでやりたい。」
この一言がボキの心に灯を付けた、お祭り、祀る、その先には自分自身との問いかけが有る。
心に神や仏を抱かないと問いかけはおきないが、大自然の中で生きるボキ達人間はチッポケな存在だ。
そんな中で生かされている実感を得られる瞬間を大切にしてすべてに感謝したい。
森はすべてを与えてくれた、森が生み出す湧き水は甘く細胞を活性化させる、幸がくれた野生イチジクは甘く疲れた身体を活性化する、大きなクヌギの木にはクワガタムシが這い回り、電灯に集まって来る蛾はサイケデリックな姿で楽しませてくれる。
ラストナイト"the day"と呼んでいた土曜日には一旦営業の為に糸島へ帰っていたキャデラックランチチームも戻って来た。戻って来たかったのりみちゃんはショウゴに差し入れを託しthe dayを盛り上げてくれた。
DADA CHILDにMJ'Sへの流れは見逃せないとばかりに集まって来るフリーク達。キャデチームの頑張りに支えてもらった船着場から会場までのピストン輸送、シゲチャンにテッペイ、ミネチャン、キヨシにたっちゃんおかげ様です・
そしてthe dayの闇の中で皆を楽しませてくれたV,J convexxxxxのリュウタもおかげ様です。お疲れ様。
a0154870_774726.jpg

日曜日には初登場のVig Bongoからヒーローズへの流れも良かった。
最終日とあって帰る人も多かったけど、最後まで九州人の魂を輝かせて予定通りの終了となった。
a0154870_11572223.jpg
a0154870_11574353.jpg

タイガーマスクもバイクで駆けつけヒーローズは盛り上がって行く、ラストを飾るのに最高のバンドだ。
しっかり終わったら浄化の雨を降らせてくれて会場はシトシトピッチャン。
でも残っている人で夜も盛り上がり、翌日残ったメンバーであとかたずけを90%終えて日暮れの船に飛び乗った。
船から島を振り返ると空には鮮明に虹が出ている。
a0154870_12382146.jpg
a0154870_12383626.jpg

しかも今まで居た会場からボキの住む虹ノ松原付近へ掛かっているではないか。
a0154870_1239446.jpg
a0154870_12395492.jpg

期間中に虹は出ないな~、と思っていたけど、最後にかかった虹はギャザリングの幕引きにピッタリで、虹色の心で帰る事が出来た。ありがとうございます守護麗様 ありがとうございます守護神様
これからも虹色の心に包まれて生きてゆきます。
a0154870_12464644.jpg


最後に島への定期船でお世話になった「からつ丸」の人たちに「すえひろ丸」の船長さん、駐車場の小母ちゃん、かかわってもらったすべての人々、精霊に感謝します。ありがとう。
a0154870_785439.jpg

また逢う日で!!
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-09-02 11:36 | フルムーンギャリング