虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

カテゴリ:南正人ファンクラブ( 7 )

ナミさん祭りセブン

「もう、きちゃった。」
大牟田のガンボから電話をもらった金曜日には、唐津の仲間が明日からの祭りの様子を伺いに来ていた。
NUI NALUから七山、三瀬、神崎、大木、大川を抜けて有明湾岸道路に乗ると2時間でガンボに着く。
どうせお泊りだから、と大木温泉で汗を流して向かった。
a0154870_19192936.jpg

ピアノがガンボに設置されたのは何時だっけ?
今回ピアノを見つけたナミさんは嬉しかったらしく、前夜祭から弾きまくっていた。
そして、祭りが始まるとステージへ上がるミュージシャンとのセッション。
a0154870_19233784.jpg

龍太郎さんのリードギターを弾いていたかと思えば、Bone Tatuyaの後ろでピアノをいじくりまわす。
a0154870_19245094.jpg

DADA CHILDのベース有ちゃんが休みと聴けば、ベースを持ってブンブン低音を鳴らす。
a0154870_19275442.jpg

かなりかっこ良かったにゃ~、ナミさんベース。
そして、BONGERSではピアノで参加。
a0154870_19372580.jpg
a0154870_1937392.jpg
a0154870_1938096.jpg
a0154870_19381810.jpg

ツインリードギターにピアノが絡みあい、Bone Tatuyaがシタールを手に登場してきた時はまさにサイケデリックジャム化してたにゃ~。
a0154870_18574012.jpg

BONGERSの演奏は日付けが変わる頃だったけど、カウチで船を漕ぐ人も少なく、以外と皆元気。
映像担当もカメラで狙っている。
でも、演奏終盤になるとやっぱり半数以上は重力に耐えられにゃ~のか?
後日談で数人から「BONGERSの演奏で寝ました。」と、何時もの褒め言葉を頂いた。
a0154870_1922746.jpg

ここ、スタジオガンボは赤レンガ倉庫を改造して作られているレッスンスタジオ&ライブハウス。
BONGERSの生みの親”キミやん&みわちゃん”夫婦によって営業されている。
そんな我が家みたいなステージはリラックスして演奏出来るので最高に気持ちが良い。
a0154870_1985368.jpg
a0154870_19921.jpg

美味しい秋刀魚の燻製はてんぴやさんのパンに挟んでも愛称良かった。
もちろんカブリツキが基本です。
a0154870_19124118.jpg

a0154870_1911584.jpg

風ちゃんもピアノで遊んでいたので、ボキもナミさんの歌を数曲一緒にセッション。
その後に風太郎ステージにもベースを持ったナミさん登場。
またまた乗っ取っていた。
a0154870_19162276.jpg

やっぱりベースがバンドサウンドの要。ベースが変わると感じが変わる。
ナミさん祭りの醍醐味が、このナミさん出ずっぱなしステージ。
a0154870_19192348.jpg
a0154870_19193888.jpg

それは、4日の深夜まで続いた。
a0154870_19233798.jpg

また、来年も開催します。
ありがとう。
[PR]
by nuinalukaratu | 2011-12-06 19:48 | 南正人ファンクラブ

ナミさんまつり6

今年は唐津のカントリー牧場に開催場所が換わった”ナミさん祭り”は連日の晴天空の中、笑顔と歌声に包まれて終了しました。
会場に駆けつけてくれた皆さんありがとうございました。
シャンティーな空間での一時に、久しぶり自分で写真を撮りました。祭りの様子を覗いてみて下さい。
a0154870_654257.jpg

a0154870_655869.jpg

a0154870_663916.jpg
a0154870_665662.jpg
a0154870_6135312.jpg

会場のクラブハウスを一目見たナミさんは、「良い感じじゃない、さすらい人にはピッタリだよ。」と、喜んでいた。
夕暮れ時から始まったライブはナミさん率いるアコギ一派登場で盛り上がる。
最近のアコスティックグループ「ゴールデントライアングル」で演奏しているライ クーダーの曲「ブーマーズストーリー」?だったっけ?先日訳詩を見せてもらい歌詞の内容が解ったんだけど、そこに書かれていた内容は男心をくすぐる野倒れ死するヤツの生き方。その演奏がカーボーイの心に火を着けたのか、翌日の朝方かけていたC,Dからオリジナル曲が流れていた。
a0154870_614699.jpg
a0154870_6142979.jpg

スケボーランプがKID'Sのお気に入り。滑れても滑れなくても、久々に祭りで逢う友達とのセッションは暗くなるまで続く。エネルギーが切れたら寝る、そんな時代に大人になっても戻れるのがお祭りではないかな?
a0154870_6151340.jpg
a0154870_6152836.jpg
a0154870_6154135.jpg

GreenGreenVillageの最新移動式ピザ窯が焼き上げるピザは最高に美味しかった。なんたったって焼きたて、野外で焼きたて、出来上がったら人の和、幸せの輪。
a0154870_6155659.jpg

a0154870_616201.jpg
a0154870_617691.jpg

物心着いた時から時々逢うナミさんの事が大好きなヒカチュウは「何で頭の髪の毛が無いの?白ひげ爺。」とか容赦ない言葉をナミさんに浴びせかける。
そんなヒカチュウが昨日「ナミさんは神様なの?」とか聴いてくる。
純粋な心には見えるのだろうか?何かが。
a0154870_6172356.jpg
a0154870_6174259.jpg

a0154870_6182317.jpg
a0154870_6184021.jpg

松井兄弟にありちゃん。
唐津でロックロールを盛り上げて来た頃に、ナミさんから”88いのちのまつり”へ誘われ進む路が変わったと話してくれたロクちゃんが次にオーガナイズするのは”虹色温泉まつり”。
1126の日(いいふろのひ)から別府で3日間。
BONGERSも初日にカッパーレブンズで演奏します、遊びに来てね~。
a0154870_6185325.jpg
a0154870_619772.jpg
a0154870_6192156.jpg
a0154870_6193556.jpg

夕暮れに包まれてゆく会場は東の空が色付く始める頃は美しい。
八幡神社が建っていた後らしく、山水が集まる溜池の周りは心を落ち着かせ、自然からの恩恵をボキ達に与えてくれる。
ナミさんも気に入り「来年の祭りに向けて企画が出てきた。ここは想像力が働く場所だ、来年もここでやりたい。」と、言っていた。
a0154870_6204144.jpg
a0154870_621755.jpg
a0154870_6212264.jpg
a0154870_6213750.jpg
a0154870_6214831.jpg

ラストはクラブハウスの中でアコスティックライブ。
4C-RANCHのオーナー夫婦も大感激だったと、話してくれた。
パイオニアスピリットが詰まったナミさんの唄は始めてでも楽しめる。
a0154870_622374.jpg
a0154870_6222082.jpg
a0154870_622465.jpg
a0154870_623998.jpg
a0154870_6232223.jpg

二日目も秋空が広がる会場では、朝から草木染めワークショップ準備をD,J達が音で応援する。
大日本アナログ党の方々、お疲れ様でした。ありがとう。
a0154870_6233419.jpg
a0154870_6234876.jpg
a0154870_6235989.jpg
a0154870_6241283.jpg
a0154870_624245.jpg
a0154870_6243858.jpg
a0154870_6253298.jpg

酵母パンを毎日お届けしてくれた「てんぴや」さん。
美味しかったにゃ~、サンドウィッチ!!
a0154870_6254714.jpg

ここ”4-C RANCH”のカレーの旨いこと。
「豚汁も最高だった。」と、語るナミさん。うなずくヒカチュウ、期間中は子供達だけではなく大人もカレー三昧。
”4-C RANCH”では普段も午後のランチを中心に営業しているので、唐津呼子方面へ出かける機会が有るときにはカレーでもどうですか?
絶好のロケーションで食べる絶妙のカレー、価格もお手ごろ¥500~。
太鼓判のお店です。
a0154870_626235.jpg
a0154870_6262368.jpg
a0154870_6264064.jpg
a0154870_6265285.jpg
a0154870_627766.jpg
a0154870_6271883.jpg
a0154870_6273183.jpg
a0154870_6274956.jpg
a0154870_6284527.jpg
a0154870_629152.jpg
a0154870_6293327.jpg
a0154870_6294780.jpg
a0154870_630123.jpg
a0154870_6301423.jpg
a0154870_6302961.jpg
a0154870_6304247.jpg
a0154870_6305167.jpg
a0154870_631497.jpg

この祭りを支えてくれる、studio GUMBOのキミやんも子供達の人気者。
a0154870_6311838.jpg
a0154870_6313349.jpg
a0154870_6315115.jpg
a0154870_632522.jpg
a0154870_6321810.jpg
a0154870_6323282.jpg
a0154870_6331212.jpg
a0154870_6332652.jpg
a0154870_6333795.jpg
a0154870_6335395.jpg

風太郎やダダチャイルドと一緒に”にじのみさきまつり”を唐津で始めたナオキの唄「サンシャイン オン ザ レインボー」で締めくくった風ちゃん。
ナオキと馴染みの深い人たちが参加して唄うこの歌を、唐津聴ける幸せな瞬間だった。
この後のナミさんは、ナオキへ贈った曲「口笛ふいて」を歌った。
何故今年から祭り会場を唐津へ戻したのか、この時はっきり解った。ナオキが呼んだのか?
そんな想いにふけながら考えていたら気が付いた。祭りは何の為?
唐津へ引っ越して来てサーフコミニティー以外の仲間と知り会えた事が、ライフスタイルの変化に繋がった。
音楽の持つ意味を教えてくれたダダチャイルドと風太郎を通じてナミさんに出会い、たくさんの事を学ばせてもらい、そのフィードバックを祭りで繋げてゆく。 

ナオキと同級生の4C-RANCHのオーナークミコちゃんには最高に思い出深い演奏になったのではないかな。
a0154870_634477.jpg
a0154870_6341651.jpg
a0154870_6342871.jpg
a0154870_6344094.jpg

朝日が七山の浮岳方面の空を色付き始める頃に毎朝起き上がり、世界平和を祈る。幸せな一日が始まる。
a0154870_6345812.jpg
a0154870_635842.jpg
a0154870_6351968.jpg

ありがとう。
音源とか聴きたい人はstudioGUMBOさんの計らいで録音されています、聴きに来てね~。
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-10-19 08:17 | 南正人ファンクラブ
会場の唐津地方15~18日まで現在の天気予報は晴れのち曇りや曇りのち晴れ。
降水確率は北部九州で10~30%と、あるけど空気は乾いているし北風が吹いているのであまり大荒れしそうもないです。
a0154870_11262058.jpg

会場の4C-RANCHは台地に有りますけど、標高300mくらいなのでそんなに冷えません。しかし、唐津湾が眼下に広がる場所なので北風は幾らか抜けて行きます。
a0154870_1125183.jpg

陽射しが照れば厚い時間帯もありそうだし、曇れば風が涼しい秋の気候です。
風を防ぐウインドブレーカーなどを忘れずに来て下さい。

会場内に直火で焚き木をしますが、それ以外は直火禁止です。
七輪やイット缶などで暖を取って下さい。
a0154870_11254983.jpg

a0154870_11274261.jpg

秋の唐津はサーフィンもシーズンインしてます。
会場近くには幾つも良いブレークのポイントが有ります。
波予想は1m~2mなので、小さいながらも潮の良い時間帯は楽しめる模様です。
ウエットスーツは風は吹くので、長袖の方が良さそうです。
水温はまだちべたくありません、ボキはシーガルを着てます。風が吹く時はその上にラッシュガードを重ね着しています。
フルスーツを着ている人も多くなって来ました。
a0154870_11271220.jpg

では、もう明日から前夜祭で会場入りします。
皆さんも準備万全で祭りを楽しみに来て下さい。
会場で逢える事を楽しみにしてます。

ありがとう。
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-10-14 11:28 | 南正人ファンクラブ

ナミさん降臨す

あそびのくに”と、いうイベントには毎回参加させてもらっていて顔馴染みも多く居心地が良い。 a0154870_13413018.jpg

毎回、日記には書けない程の感動をボキに与えてくれる。
そんな阿蘇から今朝、大牟田で一回チンして帰ってきまちた。
阿蘇で遊んでもらった「阿蘇であそぼー会」の方々、楽しかったね~。
オーガナイザーのソン君も、スタッフや出演者の方々もお疲れ様。
a0154870_13415881.jpg

a0154870_13505766.jpg

8日に荷物満載で雨の唐津を出航したガオシルバーは、阿蘇に無事到着した頃には雨も上がり風が変わってきた。
今回は何処にTIPIを張るかにゃ~?と、迷いサブステージの前に張る事にした。
前回は心地よいサウンドが流れていたし、森の中なので過ごしやすいのよね~。
お店は管理棟のテラスでやれるし、と、単純思考でさっさとTIPIを張り居心地の良いスペースを作って、夜はIBHウィークの始まりを告げる音の連続で、火を囲んで楽しい前夜祭だった。
a0154870_13422614.jpg

翌日は朝から温泉で前日の疲れを取って、会場に戻るとバンドが始まる。
a0154870_13433927.jpg

音がデカイ、あそびのくには熊本の若手バンドが多く出演するイベント。以前もスラッシュメタルやらハードコアやらシャウト系の音でやられた思い出が有る。
そんな昼間の喧騒も、夜になると止んで久々に逢う仲間や新しく出会った人との宴。主にナミさんの歌付き。
a0154870_13425238.jpg

初日の深夜丑三つ時?にBONGERSの演奏。
共演者はギター風太郎、ギターRIKI,シタールBone Tatuya、ブルースハープ南正人という布陣。ん~ん今回のBONGERSは凄いじょー、とばかりにGOING MY WAYでやってきまちた。
やっぱり、お祭りで集まる仲間とは長年一緒に演奏しているのでボキのテンポとか望む処を知っているのでやりやすい。
ナミさんからは「モリヤンの歌はストーンサウンドを追求していて良かったよ。」と、言われ嬉かったにゃ~。
以前言われた「誰もが赤いバラを目指していても駄目なんだ。それぞれに個性が有るからその個性を伸ばす音楽を目指す方が良い。」との言葉を思い出す。
今回のBONGERSのラストソングはナミさんと歌う”シュガー”だった。
a0154870_13431275.jpg

翌日は前日の遊びすぎが祟り身体が重い。日暮れと共に寝入ってしまい、深夜起きたらロクちゃんの声が聴こえる。今夜の焚き木ステージは完全なアカペラ、アンプラグドライブ、それでもさすがロクちゃんリスナーを乗せて躍らせる。終わってヨウスケのテントへ行くとナミさんが居て、一緒に乳ラムを回しナミさんライブ。
a0154870_134418.jpg

あそびのくに”は若いミュージシャン達が多く、ナミさんのワァンは少ない。と、思っていたらそこはさすがBIG NAME、多くのリスナーが集まり唄に耳を傾ける。始めて聴いたけど良かった、と話す人も多かった。
そんな始めての人にもナミさんの唄は届く。
ライブ途中に、我即神也の印を組むパフォーマンス。
ナミさん曰く「もう違いを訴える時代では無い、今は如何動くかだ。」と、人間一人一人が神の領域に入らなければならない時代に来たのだとおっしゃる。
我即神也の印ワークショップを通して、その事を伝えようとする姿をここ10年ほど身近で見ている。印を組む人たちのサークルが広がれば広がるほど世界平和へ近ずく、その事は間違いない。そんな可能性の広がりを感じるワークショップは今週末の「ナミさん祭り6」へと続くので、ぜひ覚えたい人は体感してね、今回は我即神也の印ガイドブックが12部限定で差し上げましゅ。
a0154870_13443965.jpg

最終日だった昨日は日暮れにかたずけ、ガンボで待ち合わせの為に急いでいたナミさんと連れ立って仲間にも別れを告げずに帰ってきまちた。
逢う人とは週末に逢うしね、唐津で。
a0154870_1346249.jpg

「ナミさん祭り6」ではナミさんシンポジュ~ムを開催して色々な事を話してもらおうと思っているだけど、早めに合流したボキはもう全開で聞きまくっている。 その中で覚えている事を幾つか紹介してみる。
a0154870_13464353.jpg

1:デビューアルバムで共演している「裸のラリーズ」の水谷さんとの事。
2:始めてステージに上がり唄った曲の事など。
3:最近東京で演奏しているアコスティックトリオにベースが加入してやったアピアのライブの話。
4:奥義
5:ON THE ROARD(60年代のビート二クス小説)のナミさん翻訳本の進み具合。
6:お祭りでの夜の思い出
などなど、、、

ご興味の有る方は祭りで直接聞いてみても良いし、シンポジュームに参加してみても良いのでは。
a0154870_13472469.jpg

それでは、続きは週末に唐津 4C-RANCH”ナミさん祭り”でね。
あ、そうそう来年のタイで行われる「シャンバラ祭り」のフライヤーが出来上がって来るらしいので4C-RANCH”ナミさん祭り”でわたせましゅ。
それと、11月に別府でロクちゃんがオーガナイズするお祭り「虹の温泉まつり」のフライヤーも出来上がっているよ~ん。今回は久々のロクロー画伯の作品なのでぜひGETしてくださいさせ

最後に”あそびのくに2010”の写真はこまきのわちゃんと、のりこすもちゃん、RAGAから頂いて来ました。
ありがとう。
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-10-13 13:23 | 南正人ファンクラブ

ナミさんまつり6

古いダダチャイルドのカセットテープに挿入されていたナミさんの名曲「Rolling Stone」を聴いて、ナミさん祭りを思いついた7年前。
その当時のナミさんは、タイでの「いのちのまつり in Chengmai」開催後何時ものように全国各地唄旅回りにて各地のフリークに心を届けていた。
a0154870_1324528.jpg

a0154870_13251612.jpg

ボキはと言うと、「いのちのまつり in Chengmai」で聴いた”チャラスのシェリフ”がコンピレートC,D「OPEN TUNE」に挿入されていたを知り、”チャラスのシェリフ”を聴き狂い、初のナミさんTシャツをデザインしていたりしてた。
そのデザインを持って訪ねた大牟田の今は無きお店で、「ナミさんTシャツをデザインしてみたんですけど作っても良いですか?」と、訊くと快く「僕のTシャツは始めてだよ、嬉しいな。」と喜んでくれデザイン画に”NAMI”とサインを入れてくれた。(マニアは持っているかな?)
そんな絶好調のナミさんに事件が起きる(KEEP ON第十一章)。
a0154870_13292725.jpg

2003年ナミさんは内なる旅を始めた。今に始まった事ではないだろうけどロックミュージシャン南正人の軌跡を還暦を前に振り返ってみたかったのか?
この年リリースされたCD「SONGS~歌たちよ~。」は、ナミさんが多重録音した曲「メッセージ・ソング」から始まる。

7年前唐津神集島は始まったこのお祭りは当初ナミサン(南正人さん)の還暦祝いでした。しかしその後はヒッピーの知恵の伝承を理念に毎年開催しています。
1回目は春に開催しましたが、2回目からは収穫の季節”秋”に開催時を代えて祀っています。
ナミさんの演奏のみならず、ナミさんに影響を受けたミュージシャンが多く集まりナミさんのトリュビュートソングを聴かせてくれるのもこの祭りならではです。

a0154870_15545148.jpg
a0154870_1555610.jpg

~~~~~~ナミサン祭り sonoroku~~~~~~~

@4-C RANCH 佐賀県唐津市佐志2706 ℡0955-74-7972

http://karatsu-city.net/4c-ranch/

車でのアクセス:
a0154870_15342256.jpg
a0154870_1534371.jpg

国道204号線を佐賀県唐津市街地から呼子方面へ、唐津南高校を過ぎ2k程進むと左手に上場台地が見えて来ます。
a0154870_1535589.jpg
a0154870_15352171.jpg

徳昌寺を過ぎたら佐志の信号出てきますので山側へ左折し山を登って行きます。
a0154870_1535504.jpg
a0154870_1536225.jpg

お店(カントリー牧場4C-RANCH)の看板が出たら右折して少し登ります。
a0154870_15363425.jpg
a0154870_15364734.jpg

登りきった所で県道340号線と交わります。
a0154870_15373743.jpg

a0154870_15371637.jpg

その先に池が在り4C-RANCHが有ります。(唐津市内から20~30分)

電車でのアクセス:西唐津駅からタクシーが便利です。

a0154870_15384138.jpg
a0154870_15385972.jpg

”ウエスタン牧場フーシーランチ”は友人が経営している、乗馬体験が出来る牧場です。
上場台地の農地が広がる池の横に有り、玄界灘が望める気持ちが良いところです。
牧場内にはスケボーランプが在り、スケボーKID'S達が多く集まるスポットです。
a0154870_15392634.jpg
a0154870_15394070.jpg
a0154870_1540086.jpg
a0154870_15401434.jpg

牧場内にテントやTIPIを張り、4C-RANCHカフェを主体としたステージで音楽を奏でます。
秋の夜長を焚き木とともに馬の聖地で明かしませんか?
a0154870_15404494.jpg

a0154870_15411562.jpg
a0154870_15412954.jpg
a0154870_1541481.jpg
a0154870_1542148.jpg


   10月15日 準備 前夜祭

   10月16日 ワークショップ ライブ

   10月17日 ワークショップ ライブ

   10月18日 あとかたずけ

☆ライブ☆
a0154870_15555240.jpg

南正人
a0154870_15564989.jpg

龍太郎
しす
a0154870_15583967.jpg

風太郎
松井たかのり
a0154870_1604725.jpg

BONGERS
a0154870_1613733.jpg

ライオンサーカス団
a0154870_1623488.jpg

DADA CHILD
a0154870_163252.jpg

玄武&88プレイヤーズ
a0154870_1634053.jpg

BONE TATUYA&MJ'S
 
日本アナログ党D,J
a0154870_12525263.jpg

HaL
YOSHIFUKU
SHIRAISHI
egg
ZOMBIE
a0154870_12522622.jpg

and RANDOM
          
☆ワークショップ☆
a0154870_1642316.jpg
 
a0154870_12573499.jpg

17日昼前よりGURUGURU工房草木染め。
鳥取県倉吉市の藍、草木染め絞り作家「加納伊佐子さん」が手ほどきしてくれます。
自分で絞りを入れた作品を作る機会です。
もちろん今回もグルグル工房の作品も展示販売しますのでお楽しみを。
a0154870_1258983.jpg

我即神也印
覚えたいとお思いの方はぜひこの機会に、ナミさんから直伝で教われます。
       
☆ナミさんシンポジューム☆
a0154870_12555876.jpg

ナミさん研究がライフワークのボキにはナミさんに聞いてみたい事が山盛りで、60年代からのロックシーンを体感して来た細胞から出てくる話や歌をナミさんと一緒に居る間は沈没するまで聴いている。
a0154870_12563276.jpg

ボキが始めて聴いたナミさんの曲は「上海帰り」、しかし演奏はサンセットギャング。
第三書簡から発行されていた本を読んで見つけたコラム。
70年代は東京発の日本語ロックを先導していたグループに在って、その存在感が光るアルバムを多数リリースしていた時期の話。  そんな話も訊いてみたい。
a0154870_1257135.jpg

シンポ中、未公開写真をスライドショーしながら質問を浴びせる。
と、いうのも企画中です。
お見逃し無く。
a0154870_1301449.jpg

一般人の外国旅行が解禁されてすぐに海外漫遊に出ているナミさん。(もう、50年以上も)
そんなナミさんから現地の事情を訊いてみよう。

シンポジュームはもちろん皆さんも参加出来ますので、ご質問などがあれば考えていてね。

☆会場内でのお願い☆
   
4C-RANCHは馬の聖地です、池には竜神様もいらっしゃいます。
トイレは指定の場所でお願いします。
野外では絶対に止めて下さい。
駐車場に限りが有ります、乗り合いで来て下さい。

☆楽市楽座☆

飲食、物販、マッサージ、占い、耳掻き、出店無料
会場の広さに限界が有る為にメールか電話で要予約!
予約無い場合は出店をお断りする場合が有ります。
車は駐車場に泊めてもらいますから車内販売は出来ません

☆参加費☆ ともに1ドリンク付き

通し券  ¥3,000
17日のみ¥2,000

インフォメーション
NUI NALU
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1452  
0955-70-5432
h.morita@vega.ocn.ne.jp
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-09-24 13:29 | 南正人ファンクラブ

南正人最新Tシャツ

ナミサンTシャツ代弾は20年ほど前に発売されたソングブックのイラストをコラージュしてみました。
ボディーはヘンプコットン。
a0154870_11152939.jpg
a0154870_11154596.jpg

そして、弟6弾は20周年記念コンサート時の写真を使いました。
1989年頃なのでエネルギー満点のナミサン。
a0154870_11165686.jpg

バックサイドはイラスト。
a0154870_11183186.jpg

[PR]
by nuinalukaratu | 2010-07-31 11:18 | 南正人ファンクラブ

南正人作品集

大好きなナミさんはボキのライフワークの一つです。
そんな訳でそのナミさんにまつわる話ナドをこのカテゴリーでは紹介します。
a0154870_13575572.jpg

ボキの音楽趣味を以前書いたんだけど、ここの辺りを最初読んでみると面白いかな?

ここでも書いているけど、70年代邦楽ロックレコードを捜している時は無かったな~ナミさんの音源。
そんなナミさんとの出会いは2001年に遡る。前年の2000年に末マッチャンや西君から”虹の岬祭り”の事を聴かされてたボキはその年から阿蘇百姓村へ引越していた虹の岬祭りに出掛けて”いのちのまつり2000”の開催を知る。
a0154870_14144993.jpg

そうやってライブをやっている会場まで足を運びながらまだ出会いは来ない。

そして福岡でのティンパーアレーの復活ライブへキミやん達仲間と出掛けて、会場のサンパレスに並んでいると知った顔が近ずいて来た。  信さんだった。
a0154870_1421963.jpg

ブルーズシンガーの山本信さんとは以前DADA CHILD&風太郎のライブをstudio GUMBOでオーガナイズした時にゲストで風さんが呼んで来た。 ボキが歌う「逃げ出さないで」は信さんの名曲です。

そんな信さんが「今度、南正人さんと一緒に九州回るからガンボでもライブやらせてよ。」と、福岡でやるライブのチラシを配っていた。(さすが先輩、効果がありそうな処でフライヤーを飛ばしている。)

a0154870_14395759.jpgガンボでの南正人初ライブの前日、玉名での初ライブで印象が強かったのは「LLORONA」や「SUMMER'S ALMOST GONE」などのジプシーソング。 とても暗い曲でナミさんの3枚目のアルバム「南正人LIVE」に収録されている。

そしてガンボでの初ライブではまだ当時は出来上がっていなかった曲「チャラスのシェリフ」のフレーズをも入るメドレーを歌っていた。(このライブもガンボのキミやんは録音してくれている。)
そしてそのままガンボに泊まったナミさんから「来年タイでお祭りをやるから来ない?来たら良い物上げるから。」と、言われチーチと一緒にチァンマイへ出かけた。

いや~初タイからこんなんで良いの?と思うくらい楽しかったな~チェンマイでの日々。
a0154870_14503278.jpg

この時の会場はチェンマイ大学構内の広場。イロイロなオブジェで飾られた広場に大きなステージが組んであって、出演するミュージシャンは日本人とタイ人の混合。
a0154870_14565538.jpg
   
そして祭りは始まり、チェンマイ県の副知事(ビックリ!!)が挨拶の中で「タイでも初めての試みのこういった野外音楽イベントを日本人の人達と一緒に出来る事を嬉しく思います。」と、言ったどうか?
そしてその後現れたナミさんは「昨日は食べ合わせが悪くて下痢気味です。」と挨拶。たぶん?
a0154870_1524094.jpg

そして祭りは2日だっけ?3日だっけ?楽しい時間とともに過ぎていった。
a0154870_15543.jpg
  
この時分写真に凝っていてタイへも自慢の愛器を提げて乗り込んでいたもんだからカメラ係りとしてこの祭りの記録に努めた。その時撮った写真を基に作ったコラージュがこちら。
a0154870_1585621.jpg

このコラージュでは日本人とタイ人を混合で配置しているんだけど、国籍なんか関係ないくらい良く似た人達だ。 そうボキたちはアジア人。
そしてこの時のナミさんのステージで初めて完成した「チャラスのシェリフ」を聴いた。しかし、この祭りはひとすぎ縄では進まなかった事を後で聞くんだけど。詳しくはナミさんの自伝「KEEP ON!」を読んでみてね。
a0154870_15265688.jpg

NUI NALUでも販売中。出版社が廃業したので廃盤です、残っている在庫で終了。お早めに、特別付録1989年の20周年記念コンサートDVD。

その後は九州ツアーには必ず出掛けたり、祭りで逢ったり、ライブをオーガナイズしたりしていた2002年末、ナミさん自身に不遇の時期がやって来る。(この件も上記のKEEP ON!に書いてあるのでぜひ読んでみて。)
そして帰って来たナミさんは元気が無くなったというか、疲れていた。
a0154870_15532326.jpgそりゃそうだろう、還暦を前にガツンとやられて覇気がない。周りにも変な事ばかり言う。その時初めてナミさんと麻雀をした、麻雀が大好きなことは聴いていたけどやっている時は元気百倍。

その年に出したNew アルバム”SONGS 歌たちよ”は独りで多重録音している曲も含め新しい曲を発表された。(NUI NALUでも発売中)



これまでナミさんの音源に触れていなかったので、この頃はナミさんばかり聴いていたな~。
レコードやC,Dを集めライブや祭りで逢えばライブ中どころかMY TIPIで繰り広げられる引き語りや会話までも録音していた。(たくさん有りますよ~当時の生録。)
そして還暦を迎えた2004年3月3日の誕生日から幾らかすぎた4月にボキの住む唐津の離島神集島(カシワジマ)にて第一回ナミさん祭りをオーガナイズする。
a0154870_15591162.jpg

この時は還暦のお祝いなので一回キリと思っていたんだけど、翌々年偉大なるロックアーティスト南正人を奉る祭りとして毎年開催する事となる。

a0154870_169460.jpg

そんなナミさんが自伝KEEP ON!に書いた自身の半生を送る前の事をこの国境の南で書いている。ボキが第一にやられた曲"LLORONA"なんかも世界漫遊の旅でジプシーから教わったのか?何といっても海外旅行が一般に認可され始めてすぐ出国しているあたりがさすがで、ヒッピー全盛期に欧米各地を旅しているあたりはすごく面白い。(NUI NALUでも販売中。出版社が廃業したので絶版です、残っている在庫で終了。お早めにね。)






a0154870_16284591.jpg

2006年にはナミさんが以前録音した曲や発表している曲のライブ版などを集め”風来坊の唄”を発売。
このC,Dはマニアには必聴な曲が満載。なかでも”リコデラチカ”なんてビックリ、ナミさんに「何でこんな良い曲今までライブでもやらなかったんですか?」と尋ねたら、「忘れていたのよね~。」と、言われる。
さすがだ、こうやって一夜限りで忘れられた曲がたくさんあったのだろう。聴きたい。(NUI NALUの在庫残り少ない、これももう入荷しません。)

そんなナミさんが今年3回目となるタイでのまつり”水と星のまつり in チェンダオ”を開催する。
もちろんボキも行きます。
また、ナミさんとの事を書きますね。覗きに着てね~。
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-01-09 16:35 | 南正人ファンクラブ