虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

カテゴリ:祭り イベント( 16 )

ありがタイガー現る

昨日は糸島の”おはな”でKトラフィバーなるイベントに出店してきまちた。
そこは、来月に行う”Fullmoon Gatering伊都”の会場。
昨日もたくさんの出展者に参加者で大いに賑わってまちたね、おめでとう花ちゃん。
a0154870_1625550.jpg
a0154870_163991.jpg

さて、昨日はテレビの前から離れず今日の朝方「何で昨日は置いて行ったんだ~行きたかったのに。」と言うヒカチュウ。
そのヒカチュウとの旅も一段落、来週頭に浮羽イビサで行われる「渋さ知らずオーケストラ」で今月も終わる。
a0154870_1634798.jpg

(写真は去年の同じイベントで)
毎年5月は産まれ月なのでか知らないが忙しい。
雨季に入る前に野外で遊ぼうと、たくさんのイベントが目白押し。
虹から戻った子連れ意気地なしは、霧島P,Gへ出店しに行って来て、終わってからは日向に住む仲間の基へお邪魔して来た。
一緒に霧島に参加していた「海宝家」の面々にマオチンとで。
a0154870_1651540.jpg
a0154870_1653336.jpg
a0154870_1655910.jpg
a0154870_1661542.jpg
a0154870_1664064.jpg
a0154870_167114.jpg

a0154870_1674035.jpg
a0154870_1675388.jpg

ヒカチュウは6歳で、一足先に小学生に上がったアサやリュウモ、イツキが同世代。アサの妹アマミと同世代にリュウモの妹ユウヒやイツキの弟ダイチが居る。
日向の金ヶ浜へビーチ遊びに皆で行き、ヒカチュウや仲間とサーフィン。
二日目は川遊びをしながら、木苺や桑の実を集めたりした。
子供達は藤間が作ってくれた”しかけ”に魚や海老が入っているのに一喜一憂しながら盛り上がる。
子供の笑顔に接していると、この笑顔を絶やさない事がボキ達のすべき事なのだと感じる。
a0154870_169778.jpg

かけがえの無い笑顔を。
a0154870_16121061.jpg

a0154870_1613157.jpg
a0154870_16131535.jpg
a0154870_16133572.jpg
a0154870_16135544.jpg
a0154870_1614538.jpg
a0154870_16142145.jpg
a0154870_16162129.jpg

大震災の影響がたくさんの場所で見られた今年のお祭り。
懐かしい顔に接していると、悲しみを抱え込んだ魂が震えるのを感じた。
そんな中でボキ達BONGERSの演奏時間。
去年は参加出来なかったベースの純君も家族連れで来ている、今年パパになるアントニオも来た。ドラムスのろくちゃんに風ちゃんも用意万全。
最初タイの山岳民族の帽子を被ってステージに上がろうとして、ヒロシの処で一服していると以前東京のヘンプの展示会で出会った福島県の人と再会した。「覚えていますか?」と、声を掛けられた時は解らない位、震災の影響で顔が膠着して不安に怯えていた。
「大丈夫だよ。」と、一緒に一服して気がついた。
東北の心と一緒に演奏しよう、と。
初めて東北へ旅した時に盛岡のフッちゃんから購入していたマタンプシで精神を締め上げてステージに向かい、BONGERS5名で東北への応援歌を演奏出来た。その旅で知り合った仲間の顔を思い出しながら。
九州の男達が鳴り響かせるブルーズによる応援歌は、山側からは山に住む風ちゃんのブルーズギター。海側からは同じサーファーのアントニオが弾くブルーズギター。
音楽で人の心に何を訴えかけれるか?気持ちを解せるか?
そんな自問自答を超え、真っ白な気持ちで望むしか答えはだせない。
a0154870_16234742.jpg

「もうマイナーコードは聴きたく無いわ、昔たくさん聴いて来たから。」と、以前言われた事が有る。
悲しい旋律の音は過去の記憶を揺り戻すかもしれない。
でも、悲しい出来事は過去の物で今では無い。
悲しい出来事が起こるたびに人は強くなれる。
打ちのめされた人ほど他人にやさしく出来るのは、人の悲しみを共有出来るからなのか?
a0154870_16241443.jpg

緊張感が漂うバンドメンバーがステージからもらう勇気。
それは、ステージへ上がる前に一時を共有した仲間が見つめる眼差しだったり、声援だっりする。
そんな声を背負って21回目続けて来たろくちゃんと風ちゃんと一緒に演奏出来る幸せは、毎回感動だ。
幸せだった。今回も。
a0154870_16244079.jpg

ヒカチュウが寝付いて、夜遊び中に悲報は届いた。
祭りに参加していた子供が交通事故で命を失ったんだ。
駐車場から道路を渡る時に事故は起きたらしい。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

悲しみに包まれた夜、色々な事を思い考え、寝れない夜を過ごして行くとたくさんの仲間と話す時間が取れる。
ボキが思ったことは、現代社会の一員に祭り社会も有るんだ。ということ。
同じ地球に生きている地球人は、肌の色や文化を通り超えて行けるONE LOVE精神で行ける、との思いを持っているはずだけど、何処かで自分の生き方を人とは違うと考えたりしていなかな?
たぶん、それはあんまり違わないのでないのかな?。人から貴方は特殊ね!と、ボキは言われる事が多いけど、自分ではあんまり特殊とは思っていにゃ~し。得に同じ民族は以外と同じ感性で生きている様な感じがする。
違うのは”見てくれ”外観の問題だけだし。

自己責任で生きている人たちの集まりで有っても、自己責任取れない子供や犬なんかの、庇ってあげないといけない部分に歪みが現れるのは、大人が一瞬保護者の感覚を失うからではないかな、と思ったりした。
保護者が保護するの感覚が失われて起きている事故が今回の原発事故だったりする様に。

人が多く集えばたくさんの物語が出来るね。
嬉しいことも悲しいことも。

でも、それが今有る、という現実だし。その社会の一員なんだ。
それはドロップアウトして社会との繋がりを否定したヒッピーも、意見が採用され始めたらコミューンから出て来た様に。
これからの社会にはヒッピー精神が必要なのは間違い。(思い込みが強いもんで、、、。)

そんな大切な教訓を頂き、今年の虹も岬祭りも終わる。
a0154870_16265580.jpg

ありがとう虹の岬祭り!!
a0154870_16271679.jpg

それから大牟田での誕生会、ティンバースでのナミさんライブ、そして霧島へと続いたヒカチュウとの旅。
今年は九州以外にも連れ出そうと計画中なので、見かけたら遊んでね
a0154870_16274057.jpg

最後に写真を頂いた団長に吉福くんやとっぱぁ、ありがとう。
[PR]
by nuinalukaratu | 2011-05-23 16:28 | 祭り イベント

カウンターカルチャー

未曾有の大災害となった東北太平洋沖地震に際し、被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
現地から避難される方々は様々な支援が始まっています。
ボキの住む九州でも、住宅の提供や物資の提供に当分の生活資金の無利子貸し付け等もあります。
各地自体の動きに注視しながら、民間でも行われている避難支援のウェブサイトを紹介します。
こちらです。

現地の避難所などでも疲労されてらっしゃるのは想像に難しくありません。
しかし、希望を捨てずに心に光をお持ち下さい。
平穏な生活はやってきます。 その為にたくさんの方々が身を粉にして働いてくださっています。
ご苦労様です。ありがとうございます。

これからの新生日本が良い方向に進む為にボキに出来ることは少ないですが、このブログを通じて想いを伝えたく書きました。

まず、今回の震災での原発事故はたいへんな状況になって来ましたね。
今日(3月24日時点)までに、原子力発電所から漏れ出した放射能は各方面に健康被害が心配される数値を出しています。農作物や酪農製品、水道水などからも検知されています。
そして、被爆を逃れる為に住居から避難されている方々にもたいへんな苦労が有るでしょう。
ご苦労さまです。

震災後に色々な事を考え、行動して、たくさんの仲間や先輩諸氏からの話を聴き、何が発信したいのか?
と、いう自問自答を繰り返しました。(ボキが発信しても何になる?とも想ったけど、、。)
その結果がこのブログのタイトルに掲げた「カウンターカルチャー」です。

1960年代の欧米で流行したヒッピーカルチャーの中でも大きな役割を果たした考え方です。
その考え方を通じて、今度の震災を振り返ってみます。

現代生活が日本で始まったのは、先の戦争以降ではないでしょうか?
電化製品に溢れ、加工食品でお腹を満たし、排気ガスを撒き散らしながら走る車の群れ。
生まれついて以来そうだよ。と、言われる人も多いでしょう。
でも、「そういう生活は万全では無い。人間は自然の中で生活してこそ平穏な暮らしが有る。」と、言って来た人々も居ることは知っていますか?持続可能社会を唱える人達です!!
元々が自給自足で生活していたアジアの国々の中でも、日本人の生活は欧米人からは賞賛される民族でした。一部ですが、今でも山間地ではこの生活が続いています。

そんな生活に憧れ、都会から移り住んだ仲間がたくさん九州には居ます。
水を汲み、薪を集め、火を焚いて暮らす生活は不便かもしれないけど、今となっては憧れる人も多いのです。
そういう生活こそが、カウンターカルチャーです。

現代生活ではテレビなどのメディアで発信される事のみ鵜呑みにしてしまい、マスメディアが人々の価値観を支配しています。その中で自分自身の意見を持つことは難しいでしょう。
そうやって情報に支配された人達の行動は似通っています。

そんな中、マスメディアが発信する事のみがすべてでは無い。色々な考え方が有るんだ。メインカルチャーはこうだけど、私達はこう想うのでこういう提案をします。と、いうのがカウンターカルチャーです。

ボキ自身頭でっかちだったけど、”虹の岬祭り”に参加する様になってこの考え方が理解出来るようになったのです。

反原発で活動されている人達の話に耳を傾けると、原発の危険性が解るし。
農業を通じて、人間として大切なのは食なのだな~と感じた事も大きかった。

そして、都市で生活する人が多くなるとダム問題や原発問題、環境破壊、ごみ問題、などなどが起きることも知って福岡市を離れ唐津へ引越しました。もう15年近くなるけど、その当時からそう考えていました。

今までの日本人は、人と違う考え方をする人を疎んじて来ました。
でも、世界中にたくさんの民族が居るし、たくさんの考え方が有ります。
その中で自分が共鳴する。考え方がわかり易い。この人なら信じられる。 とか、自分自身が納得する様に生きてゆきましょう。
メインカルチャーの一部が崩れた今、信じられることは自分自身です。
自分で考えて行動する。
すべてはここから始まるのだと想います。

災害後に様々はイベント事が中止になっています。もちろん中止した方が良いのでは、と思うイベントも多いですが。
しかし、日本中の国民が何時もテレビに張るついているのも健全ではないでしょう。

被災された方々に元気を届けるのも、被災しなかった地域の役割ではないでしょうか?

「災害ボランティアの投入もままならぬ現況なのに、暇な奴は義援金集めに立ってろ。」と、言う声も聴きます。
もちろん正論だし、ボランティアに出かける人々には敬意を表します。

しかし、甲子園で野球が始まったのと同じように”虹の岬祭り”でもたくさんの人達と悲しみを共有し、未来への光を差してゆきたい。
東北や関東で被災された人の中には”虹の岬祭り”を目指している人もいます。
そういう人達には、しっかりとした情報を各方面から伝えてゆきたい、と思います。

そして、行過ぎた都市生活からの脱却を唱え、地方へ移住しようと考える人達の助けになりたい。
それがカウンターカルチャーを唱えて来た者たちの使命ではないでしょうか。

ボキの敬愛する南正人さんは電話でこう言ってました。
「今年まで行っていたシャンバラ祭りは来年はやらない、中止する。これからは新生日本の為に行動する。
我即神也の印を組める人は毎朝10:30~11:00の間に組んでほしい、祈りの気を集中して国難に当たろう。そして印を組む前に”すべては整っている”と言葉を加えてくれ。」と。

ナミさんがコトゴトク言ってきたアセンションは始まりました。人々の気が次元上昇してゆくのです。
一人一人が愛とイツクシミの心を持って行動しましょう。

文中の言葉で不愉快な思いをされた方がいらっしゃれば御免なさい。
ありがとう。
[PR]
by nuinalukaratu | 2011-03-24 13:31 | 祭り イベント

餅つき&ライブ

タイトルは12月らしいでしょう。
もんな季節よ~ん、北風もピュ~ピュ~吹いてきた。
でも波は良いです、乗りに来て下さい。ドジにもサンタモニカにウェットスーツを忘れたボキは指をクワエタまま見てます。

さて、話題をタイトルに戻しましょう。

a0154870_11562414.jpg

ここんところ大晦日は地元の大牟田へ戻り、studio GUMBOでカウントダウンライブに参加してましゅ。

大晦日に暇している方や、何処か面白い場所を探している貴方大牟田で遊びませんか?
ガンボは広くてお酒飲んでも寝袋や寝具持参してれば、カウチやスタジオ内で寝れます。
a0154870_1261952.jpg

とりあえず決まっている事を書いておこうかな。

GUMBOでは年末恒例のイベント年越し餅つき大会&ライブを行ないます。
a0154870_1271442.jpg
a0154870_1272770.jpg

LIVE ロクローakk DADA CHILD  BONGERSakkスタジオガンボブラザーズバンド
a0154870_1275977.jpg
a0154870_1283556.jpg

a0154870_129940.jpg

餅つき隊、出演者、DJなど募集しておりますので、奮ってご参加下さい。

餅つきはロクロー隊長の基、執り行われる事だそうよ。
大晦日は美味しいつき立ての餅を食べて体力を付けてくださいませ~。

12月31日参加費用は1500円1ドリンク付きです。

餅つきは昼からの予定でっす。
(ボキは夜からの参加)
食いもん持ち込み可す!!。
a0154870_12104458.jpg


いや~今年も色々な事がありましたね。
二千自由年から二千自由一年と、また季節が一回転。
新たな細胞が活性化してくる新春にむかって餅つきで多いに騒ぎませんか。
騒いで楽しんで明るい新年を迎えよう。
a0154870_12172081.jpg

[PR]
by nuinalukaratu | 2010-12-17 12:17 | 祭り イベント

虹の音泉祭り

早いものでもう12月。
今日は車の車検で陸運局検査場へ行って来まちた。

先日から整備をしていたので一発で通過、車をくれた竹やんに、タイヤを付けかえてくれた健ちゃんありがとう。おかげ様です。

先日の別府でも寝て動かないヒカチュウをゲストハウスに送ってくれたり、とお世話になった。
ボキは仲間に恵まれているにゃ~、と思う。

別府では、そこの地元に住む仲間の応援も心地よかった。
ロクちゃんも住みやすそうなのは、そんな仲間が多く住む町だからかな?
a0154870_15482034.jpg




にじのおんせんまつり”26日に会場のカッパーに着いてビックリしたのが、子供が多いことだった。
にじのみさきまつり”育ちが家庭持ちになり子供が増える。
その影響力は九州中に及ぶのが各地へ行くと感じるにゃ~。すごく良いと思う。
だって、世間は少子高齢化だと言って年寄りしか見かけないのに、祭り世界には子供達がたくさん。
今回奄美から北上して来たジュンが、琴葉とあさを連れて来たのが象徴していたように素敵な子供達が育って生き生き遊んでいた。
a0154870_15425377.jpg

a0154870_15435766.jpg
a0154870_15441550.jpg
a0154870_15443410.jpg
a0154870_1545999.jpg

朝見神社の御神木は二千年?生きている。
ビックリするくらい落ち着くのは、数千年の森だから?
神=森 というイメージは縄文時代から続く日本人感なのか?
生かされて100年くらいなもんでしょう?ボキ達は。
何世代もかけてDNAに書き込まれてきた記憶は不図思い出すんだろうにゃ~、そんな思いを持って朝見神社にいたら数人から「なんでここはこんなに気持ち良いのか?」と、聴かれたりして、、、。
a0154870_154737.jpg

感じる心が有れば通じることば。格言にあったかしら~?
a0154870_1548596.jpg
a0154870_15492321.jpg
a0154870_1549426.jpg
a0154870_15495730.jpg

朝見神社でどんと院バンドのライブ中にステージ前に陣取った子供達が盛り上がっていた。
嬉しかったにゃ~、瞼に浮かぶ光景チーチにも見せたかった。
a0154870_15502082.jpg

毎月26日は別府よ、これから皆さん。
だって高級ホテルの風呂や有名なお風呂がすべて¥260なんだって。
泊まるところはゲストハウス素泊まり¥2,000か車中泊¥0、駅前商店街は賑わい不夜城がたくさん有るので遊びたい人にはピッタリだし。
明るい内はラクテンチが有るしね、子供連れにもバッチリ、小さい子でもジェットコースターに乗れるよ。
a0154870_15515678.jpg
a0154870_1552715.jpg
a0154870_15522037.jpg
a0154870_1552332.jpg
a0154870_15525198.jpg
a0154870_1553438.jpg
a0154870_15531887.jpg
a0154870_15533619.jpg
a0154870_15535276.jpg
a0154870_15541528.jpg

まだまだ奥深い別府への次回トリップは?何時ごろかにゃ~?
ま、師走は始まったね体調に気をくばりながら遊びましょう。

写真はボキが撮ったものに、エディーさん(mixiやっている人はこちらへアクセスして他も見てみて下さい。)や団長(ブログはこちら)からもらって来ました。

お二人ともありがとう、また遊ぼうね。
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-12-02 16:44 | 祭り イベント

虹色音泉まつりへ

今週末となりまちた、九州のアナーキータウン別府でのお祭り。
a0154870_14485691.jpg
今年の「虹の岬祭り」から大分県が急浮上しているかの様に、大分でのイベントが多くなってきているのはDADA CHILDのロクちゃんが居るせいか?。

同じ九州に居ながら別府の表の顔しかしらなかった、その裏の顔とは?

去年初めて「夢の中」へ遊びに行き、その裏の顔を覗いたライブハウス「カッパーレイブンズ」での3ナイトに加え、もうすぐ一世紀になる遊園地や有名な神社での音魂瞑想などなど心身ともにリフレッシュ出来そうなお祭り。

フライヤーは久々のロクロー画伯による漫画だったので、記念にTシャツをアレンジしまちた。
無地の他、M&M WARKSとのコラボレーションもあるで~。
枚数限定なので気になった方はお早めにどうじょ、まっていましゅ。
a0154870_1450197.jpg

長袖と七部袖 サイズ /S、M、L、XL カラー /ホワイトボディーに袖色色々
a0154870_14503451.jpg

バックサイドはこんなんで 前後両面プリント 無地¥2,900
a0154870_14504715.jpg
a0154870_14505841.jpg

タイダイは¥4,900
枚数限定なのでお早めにね~。

では、週末は温泉で旅の垢をおとしませう。

ボンガーズは金曜日フルメンバーでやるでよ。

~NiJiiRO ONSEN GATHERING~
『虹色音泉まつり』

2010年11月26日(金)~28日(日)大分県 別府市 市内あちこち
☆26日(金)20時~@カッパーレイブンズ
☆27日(土)13時~@朝見神社
☆28日(日)12時~@ラクテンチ

源から溢れ出る、水・温泉・大地のエネルギーを別府の街に滞在して、温泉、名所、音楽を楽しみながら、心も体も温まって元気に遊ぼーっ!ていう集いです!(DADA CHILD ろくろう)


【宿泊について】
ゲストハウス等の低価格の宿を確保しています。(高等温泉、春日荘、別府ゲストハウス、カオサンゲストハウス)の4軒です。
宿の宿泊人数は限りがありますので、虹色音泉まつりの会まで早めにご予約の連絡をくださいませ。
オートキャンプも出来ます。実想寺広場にて、水道、トイレ完備です。(事前連絡願います)

【出店について】
27、28日の出店希望の方は事前に連絡くださいませ。


☆26日(金) 前夜祭@カッパーレイブンズ
20:00~参加費:1000円
LIVE: ろくろう・キャラバンカオリ(ベリーダンス)・リフレクションズ・MARRON(ダブダブオンセン)・ボンガーズ

☆27日(土)
朝見神社
13:00~参加費:2000円
音魂瞑想:ナビゲーター 小嶋さちほ
15:00~参加費:FREE
太極拳 みんなで体を動かそー!
16:00~参加費:1000円
LIVE: バオバブ・ノザキダイジュ・アミニーズクラブバンド・小嶋さちほ・ケビン.ジェイムス・風太郎・RIKI・ろくろう

21:00~@カッパーレイブンズ
LIVE:BoneTatsuya&Mjs・GordenChear
DJ:GOOD☆はぷにんぐ・HAL
参加費:FREE


☆28日(日)
12:00~@ラクテンチ
LIVE:DADA CHILD・ベンカンDJ:団長
参加費:前売り\500 当日\1000

ラクテンチ入園料
乙原ゲート:大人\500 子供\200
メインゲート(ケーブルカー往復券付き):大人\700 子供\300

21:00~@カッパーレイブンズ
DJ:徳ZONE・虹色音泉DJ's
参加費:FREE


☆カッパーレイブンズ
http://www.coara.or.jp/~beba/shop/Capperravens.html
☆朝見神社
http://www.asami.or.jp/
☆ラクテンチ
http://www.rakutenchi.jp/

★お問い合わせ:虹色音泉まつりの会
090-2097-9246(ろくろう)
090-83579648(有川)
ウェブサイト:http://dadachild.exblog.jp/
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-11-23 14:58 | 祭り イベント

20回目は屋形島

虹の岬祭りは去年まで阿蘇の山で行なわれた、10年間。この期間はボキの祭り参加と同じ。
そうなんです、ボキにとってお祭りとは虹の岬祭り。
今年は大分県の離島屋形島で行なわれたんだけど、4月28日より島へ渡ってTIPIをビーチへ建てた。
そこからはステージが見え、夕日が山へ沈んで行き海面が鏡に変わる瞬間を楽しめた。
a0154870_17363077.jpg

a0154870_17333014.jpg

唯一残念だったのはサーフィンポイントが有ったのにボードやウエットスーツを持って行かなかった事、期間中にも良い波がたくさん割れていたのに。
でも、そこはすぐ切り替えて久しぶりに逢う友人や初対面だけど仲良くなった人達と祭って来た。
a0154870_17354353.jpg

ここがレフトオンリーのサーフポイント、以外と敏感で太平洋に低気圧が入ればうねりは届いていた。
(初日は良い波が割れていたけど、忙しかった為に写真はなし。)
a0154870_1737385.jpg

和歌山からいらしたバグースのアキさんは毎日波チェック、会期中何度もライドしたそうだ。羨ましい。
a0154870_17371598.jpg

トウマもウエットにボードは用意して島へ渡って来た。
a0154870_17444192.jpg

子供達には少々冷たい海水はへっちゃら。ヒカチュウもたのしんでいたな~。
a0154870_17471044.jpg

2月に行って来たシャンバラで昼間TIPIを張ったら夜になり風向きが逆になって夜は火を焚くと煙が抜け切らず快適でなかった。
そこで、今回のTIPIを張るときに一番注意して考えたのが風向きだった。
東と西に山が有る為に会場のビーチは風の抜け道、しかも風向きはコロコロ変わる。結局入り口を西向きに開いたけど快適な毎日だった。
a0154870_18185291.jpg

本土の駐車場にはカラフルなヒッピーカーが遊牧民と描いてあるところを見るとエディーさんの車か?
a0154870_1819234.jpg

こちらは三重ナンバーの女の子、祭りたのしんでたな~。
a0154870_1833616.jpg

いたるところにアーティスティックな作品がお目見え。
a0154870_1834863.jpg

祭りでウエディングセレモニーご結婚おめでとうございます。
a0154870_1854930.jpg

天候に恵まれた今回のお祭りは最高の思い出を皆の心に残したんじゃないかな。そんな気がする。
世代交代を印象付ける場面にもたくさん遭遇して、我が家もボキ以上に遊んでいたのは同行した末っ子ヒカチュウこと光。
朝陽が上れば起きだして、朝ごはんをリクエスト。リクエストはチキンラーメン。男世帯の非常食。
残り火を貰いお湯を沸かし待たせること10分で出来上がる。
お腹がたまったら遊びに行き帰ってこない、しかも2日間は水君家にお泊り。我が家に戻ってくる時は着替えとお腹がヘッタ時、そして調子が悪くなった時だけ。やっぱり男なんてそんなもんだ。
出あって友達になった人達も多いらしく、一緒に居ると良く声を掛けられていた。
a0154870_17492691.jpg
a0154870_17494741.jpg

a0154870_1831049.jpg

ジャンケン大会の司会も世代交代していたし(朝まで遊んでいた風さんは明け方に海で泳いでそのままビーチで寝ていたら始まっていたらしい。)、受付アナウンスも。
a0154870_18352557.jpg

留守の親父の変わりに餅つきをするアサの姿に、旗を振る子供達の姿は感動した、もうすぐステージに上るだろうな。
出演するアーティストにも少しずつ世代交代した面子が見られ、若いアーティストがたくさん育っている実感が嬉しかった。
ボキ以上に20年間祭って来たDADA CHILDや仲間の面々も感慨深い祭りになったのではないかな。
a0154870_17511527.jpg

貨物船で島へ着くとユートピアが待ち受けていた。
a0154870_17521160.jpg

移動波止場も登場して陸揚げがスムーズになった。(荷渡しスタッッフお疲れ様でした、得に本土で荷渡ししていて昼間は会場に入れなかった人達には感謝感激です。)
a0154870_17572511.jpg

a0154870_1758438.jpg

a0154870_1837358.jpg

地元の人達の惣菜や魚介類販売を美味しかったな~、来年もよろしくね。皆お揃いで祭りTシャツを買ってくれて制服になっていた、ありがとう。来年もがむばりましゅ。
a0154870_18412475.jpg

森の中や至るところがキャンプサイトに。好みに応じて色々なロケーションが楽しめる。
a0154870_18414122.jpg
a0154870_18415983.jpg

a0154870_17585415.jpg
a0154870_1759402.jpg

a0154870_18443467.jpg

マザーティピの祭壇に掲げられた写真を前にお祈りをして、ナミさん伝授の我即神也の印を組みステージへ向った。印を組むと心が落ち着き、気持ちが澄み渡る。ありがとうナミさん。
a0154870_181110.jpg
a0154870_1811191.jpg

2日目の夜に演奏をさせてもらったBONGERSはボキと相棒のアントニオにG/風太郎 Dr/ロクロー B/モンテリマ大ちゃんの5名でステージに立った。(御三人さんサポートありがとう)
今年亡くなった浅川マキさんのカモメや下村誠さんの森の魂、風の塔にダニ-ウィットンのI don't wont to tolk about itをオリジナル曲とともに歌わせて貰って来た。(3曲とも大好きな曲で作者は浄土に旅立っている。)
毎年ながら虹の岬祭りのステージは心地よい。今年も夕暮れ時だったので夕日を楽しむギャラリーがビーチへつながる階段にたくさん居て、声援を送ってくれる。ありがたい。
ヒカチュウや辻ちゃん達の顔が見える、龍さんやアマちゃんが祈ってくれている、誰かが口笛をならした。そしてボキは演奏にはまってストーンしてゆく。

演奏後に高知の親分の所へ寄ったら「気合が入っていたぞ。」と、言われた。そりゃ~そうだ、虹の岬祭りのステージは最高の舞台、ここで気合を入れなければ何時入れるのか。
a0154870_1882874.jpg

ステージ前に陣取ったボキのTIPIでたくさんのステージを拝見した。
誰が印象深かったか優越すけがたい、たくさんの個性が登場してくるだけあってみんな良かった。
ステージ以外でもたくさんのアーティストが唄を歌い、ギターをかき鳴らし、太鼓が響き、鐘の音がする。
ダンサーは踊り、火使いは闇の中で輝く。
a0154870_18131119.jpg
a0154870_18133281.jpg

京都のサンバチーム”イーリャダスタルタルーガス”も来ていた。古い仲間達の顔も見れて気分は最高。
a0154870_18151472.jpg

日輪まで出てきて祝福されている様な高揚感が祭りを包む。
そしてハイライトのDADA CHILDのステージだ。
a0154870_182302.jpg

a0154870_1865361.jpg

今回のDADA CHILDのステージは凄まじかった。
皆が演奏に集中して真剣勝負をギャラリーとしているかの様に。
でも、皆の思念の先にはアキトが居たのではないだろうか。
アキトへの思いをROCK'N ROLLに載せて演奏する姿は、悲しみを背負いそれでも前へ突き進む愛の戦士達。
ギャラリーもアリちゃんへの大声援で答える。大家族は知っている、悲しみの深層をも。
a0154870_18225946.jpg
a0154870_18231269.jpg

お祭りが終われば浄化の雨。凄いタイミングだ。
6日に設営をかたずけて7日に島を後にした。まだまだ後かたずけは続いていたが後ろ髪を引かれる思いで
次の旅へ向う。
a0154870_18264676.jpg

良かったねロクちゃん、良いお祭りをありがとう。また来年もよろしくお願いします。

写真はボキが撮ったものや福太郎さん、団長、辻ちゃん、まっつん、そしてmixiの虹の岬祭りコミュから頂いて来ました。
記載させて頂いた方々良い写真をありがとう。
[PR]
by nuinalukaratu | 2010-05-13 18:46 | 祭り イベント