虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

FULLMOON GATHRING TAKASHIMA 鷹島

a0154870_1475952.jpg

8月15日にアーティスト情報の編集をしました2009年にBONGERSのDr,KEN CHANの兄ちゃんから、「セキヤヒルズで何かせんね?」と、言われ始まったのが事の発端。
時は、南海諸島で日食が見れたのか見れなかったのか謎だったあの頃。
バブル後遺症で、箱物の使い方を模索していたセキアヒルズホテルの一角で、満月祭。
遊音楽、リサイクル、祈り、をテーマにロクちゃんが建ててくれたTIPIに、星野村の火を会期中ユッキー達が守って祈りを捧げた。
a0154870_2120257.jpg

リサイクルされた会場はその後、メガソーラーに再開発されたり、地元の人がイベントを企画したりされている。先人の残した物が活用されてゆくのは嬉しい。
話が横道に逸れるけど、ヨーロッパやアメリカなどの国で石で作られた建物は古くは千年も使われてきた。それらが有るから何世代にも渉って住居などを作らなくても良い。
だから生活経費が安い。
そんな簡単のことで暮らしが楽になる。のでは?海外への渡航が増える度にそんな事を思ったりした。
「消費が減れば、経済が疲弊する。」なんて言っている人は経団連から良く思われたいのか?
時代遅れでは? もう大量消費時代には決別する時でしょう。
地球環境がここまで悪くなって来ている今、環境を壊してまで作る意味が何処にあるんだろう?
作る目的は、土建業者やゼネコンの仕事作り。その金は次世代の借金?
馬鹿な政治はこれからも繰り替えされるだろう。
だから、リサイクルが一番好きで、修理が二番目に好きなこの頃。
a0154870_21463535.jpg
a0154870_2147891.jpg

FULLMOON GATHRINGはそうして始まったのです。
仲間の大いなる応援のおかげで、翌年はボキの地元神集島からお声が掛かる。
a0154870_21543144.jpg

ダブルレインボーが降り注いだ2回目も、元キャンプ場だったリサイクル。
a0154870_21585377.jpg

そこに奉られていた不動明王様。88箇所巡り、祈りの道。
a0154870_2225162.jpg

祈る行為が生活の一部だった我々のご先祖。ここ島も祈り続ける人々の息吹が感じられた。
お参りに行くと草木が供えられた仏像。
a0154870_2282040.jpg

祈る。と、健康に良い。そうらしい、知っていた?長生きするらしい、よ。
毎日祈りを欠かさない人は安らぎの中にいるのか、穏やかよね。そんな心が身体も良くする。
そして、コミニティーを良くし地球を良くする。
そんなFULLMOON GATHRINGのテーマを知ってか知らずか?翌年は唐津から一番近い長崎県の鷹島へ舞台を移す。
玄海原発の向かい側に位置するこの島は、7Km先に作られる原発に当初より反対を唱え、島全体で声を上げ続けている。
今年のHEPOPAに旧町長さんも観えられて、「未来に危険なモンは残されん。」と言われた。
次世代の為とは当たり前の話だろう。危険なもんは福島原発事故でハッキリ解かっただろうし。
a0154870_22193886.jpg

夕映えキャンプ場の森さんと、初めて逢った時に「この島には風力発電が有るんですね。」
と、言った話から反原発の話へと盛り上がる。
そんな訳で2012年は鷹島で開催した。
a0154870_22242930.jpg

狭い会場を広げる為に、昭和以前まで使われていた畑後を森の中に発見し、森さんの許可を得て開墾。それは3年に渉り続けた。
a0154870_22341284.jpg

a0154870_22302499.jpg

a0154870_2232880.jpg

手伝ってくれた仲間には感謝の気持ちで一杯です。ありがとう。
前置きが長くなりスイマセン。FULLMOON GATHRING TAKASHIMA 今回が最後です。

         FULLMOON GATHRING TAKASHIMA 2013                           FULLMOON GATHRING TAKASHIMA 2013 no nukes one love 玄海原発再稼動反対
@長崎県松浦市鷹島 夕映えキャンプ場 hePOpa

楽市楽座 出店無料 屋根有り子店エリアは要予約
井戸水、上水、トイレは有ります 駐車場は会場より徒歩10分 近くのモンゴル村に温泉が有ります 
...
参加費17日から通しで一人2,000縁 高校生以下ただ テント1張り2,000縁 

8月17日(土) 村作り この日よりキャンプイン出来ます。
想い思いの住居やお店を作って下さい。
夕映え時からライブ&D,J
a0154870_14524664.jpg

風太郎
a0154870_14554969.jpg

トビウオリアキ
a0154870_14592398.jpg

Molly Young
a0154870_1502350.jpg

D,J JAH村
a0154870_1574826.jpg

D,J YOSHIFUKU

18日(日) 午後2時より会場横の海岸で柴燈・採燈護摩焚き 立石光正行者http://www.e-goma.net/main-tateishi.php

a0154870_1465213.jpg
過去に神風が吹いて護国の島と言われる鷹島で、皆さんと一緒に世界平和を祈りたい。
祈りのエネルギーで、平和な未来を守ってゆきたい。
と、そんな想いで立石光正行者に護摩焚きをお願いしました。
a0154870_1471953.jpg

修験道の護摩焚きは、一時吉野の山で暮らしていた薬師丸郁夫さんタカチャン(RAINBOW BARDS)が主催する「いのち輝く祭りin蔵王」で毎年行なわれていて、初回から何度か参加しているボキは経験する度に清らかな気持ちになるのです。
不動明王の炎で混沌とした思念を焼き尽くし、浄化する。
大自然を神仏のいる道場とみなし、人間本来の生き方へ立ち戻ろう。
a0154870_1450871.jpg

      フルム~ンギャザリング鷹島 柴燈護摩焚き 本文

我々のご先祖様が耕し、守ってきた大地。
お互いを理解し、繋がってきた人間関係。
それは、八百万の神に感謝を捧げ、守護霊様や守護神様の言葉に耳を傾けて来た
ご先祖様が居たからです。
平和な暮らしを望み、時には戦い、時には逃げ、子孫を育んできました。
これからの日本や、世界をよくしていくためには、まずは我々個人個人の人格や意識を高めていかなくてはならない。のでは、ないでしょうか?
ここ鷹島は歴史上、たくさんの命が失われて来ました。
そして、対岸の原発建設により未来への不安がのしかかってます。
そこで、この地で柴燈護摩を焚き先祖供養と共に、浮かばれない霊を清浄し
天の恩寵にあずかるように仏に祈りましょう。

般若心経 光明真言 などのお経を読みます。お経をお持ち下さい。
夕映え時よりライブ&D,J
a0154870_15134949.jpg

525 STOCKTON
a0154870_15154648.jpg

DADA CHILD
a0154870_15223571.jpg

V,J HiraLion
a0154870_15431077.jpg

RIKI
a0154870_15283813.jpg

D,J JUNICHIROU
D,J MEPEORIPE TOM
D,J KIYOSHIXX
立石光正
a0154870_1532393.jpg

BONE TATUYA
a0154870_1132263.jpg

MAYOU
19日(月)大自然を守り遊ぶ日 
会場前の海岸や森のゴミ集め、そして大自然の恵みを頂きます。
海水浴や釣り、貝採取、虫取りなどなど、子ども達と一緒に遊びましょう。

参加費19日から通しで一人1,000縁 高校生以下ただ テント1張り1,000縁 

20日(火)大自然を守り遊ぶ日
21日(水)満月祭 夕映え時からライブ&D,J 最後のFULLMOON GATHRINGを朝まで楽しもう
a0154870_15361834.jpg

BONGERS
D,J PANAWASTA
D,J YOSHIFUKU
D,J JAH村
D,J TATEISHI
D,J JUNICHIROU
D,J MEPEORIPE TOM
D,J WEST
,,,,,,,,etc
a0154870_15491377.jpg

アーティストのタイムスケジュールはまたアップしますね。
唐津より東の糸島、福岡方面からのアクセスは西九州自動車道が出来て早くなりました。
前原市より西は無料になりましたから、財布にも優しい。
現在出来ている最終地点の北波多で降りて左折して上ると「竹木場」に出ます、そこを左折してすぐ右折すると後はまっすぐ20分で肥前鷹島大橋です。その後はモンゴル村を目指し、そこに着く手前に有るモンゴル村の看板の横に「夕映えオートキャンプ場」の看板を見落とさないように。
そこを左折して降りると、会場です。
荷物を会場に降ろしたら、上に有る駐車場に車を移動して下さい。徒歩15分くらいです。
夏場ですから、虫対策、暑さ対策、をしっかりしてキャンプ生活を楽しみましょう。
雨天決行です。
暑さ対策として、バケツやタライなどで水足風呂をするとかなり冷えて快適です。

ワークショップやパフォーマンス募集してます。ご連絡下さい。
h.morita@vega.ocn.ne.jp
a0154870_230119.jpg

[PR]
by nuinalukaratu | 2013-07-22 23:24 | フルムーンギャリング