「ほっ」と。キャンペーン

虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

モン族のリサイクル麻の服

ベトナム、ラオス、中国、タイ、ミャンマーなどなどに太古の昔から暮らすモン族は、麻を自給自足して活用している山岳民族。その人達は麻の生地や綿の生地などに藍染やロウケツ染にパッチワークや刺繍して民族衣装をこしらえている。その人達の古着がタイのチェンマイ中心に集まって、様々な衣類やバックなどにリメイクされて販売されている。 ボキが始めてチェンマイを訪れた2002年、”いのちのまつり”日本タイ友好音楽祭 in チェンマイに参加して、初めて知った時は感動ものだった。何故かって?その前に日本の戦前の着物展を見に行き、同じ生地で出来た和服を見ていたから。「日本で無くなった生地がこの辺りではまだ作られている。ボキもこの生地で服を作りたい。」と、想い、それから様々な麻の生地で服を作って来た。 しかし、現在新品で作られている生地はタイでは無くなり、中国とラオス国境辺りで織られているらしい。でも、新品の生地は薄く、生地の織りの目も詰まっておらず、服にするとあまり丈夫では無い物が多い。 そこで、古着のモン族の民族衣装(主にスカート)で生地の織りが詰まった丈夫な物だけ集め、ばらして反物にして服に再生している。今回も古着の山を掻き分け、良いコンディションの生地を探し、嫌がるおばちゃんを説得(古着は汚れているので嫌がる。)して、色々作って来た。 ここで紹介するのはそうやって出来た服です。オールリサイクル。 リサイクルが好きなNUI NALUならでは商品です。
まずは春や夏に重宝するベストから。表にポケットを付けないで、裏に2つ付けてます。
a0154870_18211219.jpg
a0154870_1821261.jpg
a0154870_18213651.jpg
a0154870_18214814.jpg
a0154870_18215839.jpg

そして、ジーンズ。コットンデニムにも負けない厚手の丈夫な麻生地のみを厳選して作りました。
フルシーズン愛用してもらうえるジーンズは様々は着合わせが楽しめます。
a0154870_96231.jpg
a0154870_964556.jpg
a0154870_97189.jpg
a0154870_971623.jpg
a0154870_973388.jpg

忍者ジャケット”とはボキが和服の良さを、現代に使える服としてデザインしたアイテムです。野良着としても最高の丈夫さと、着心地を誇ります。
まずは袖なしから、、。
a0154870_1823322.jpg

そして、袖が長いのやら7部袖。
a0154870_18235989.jpg
a0154870_18241030.jpg
a0154870_18242274.jpg
a0154870_18243231.jpg
a0154870_18244213.jpg
a0154870_18245151.jpg
a0154870_1825387.jpg
a0154870_18251368.jpg

そして、忍者パンツ。こちらもオリジナルデザインです。少し薄手の麻の生地を使っています。
a0154870_18262227.jpg
a0154870_18263672.jpg

そして、タイパンツのショーツ(膝下丈)。
a0154870_18272850.jpg
a0154870_18273795.jpg

それから、その生地で製作しているフンドシ。(フンドシは身体に良いし、現代では最高にカッコイイアンダーウエアーでしょう。まだパンツを履いている人は早く脱パンした方が良いよ)
a0154870_1830162.jpg

帽子も色々なデザインが有ります。
a0154870_99255.jpg
a0154870_991223.jpg
a0154870_992630.jpg
a0154870_993880.jpg

[PR]
by nuinalukaratu | 2013-03-02 18:30 | HEMP WEAR