虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

怒涛の3月

「背後にはエンジンの音、前方には瀬戸内海。僕はタバコなどをステージで吸っています。」と、ナミさんの話から始まる生録M,D。
もう、5~6年前の広島宮島での満月祭ステージ。ボキも誘われて行っていた。
その時にナミさんが話す言葉の中に、「すべては自分から始まる、たった一人の進軍。一人一人の選択が世界を作ってゆくのです、無関心にならないでほしい。」と、有った。
「人生には雨の日のあり晴れの日も有り、色々な日が有る。今日はタマタマ雨だけど、、、。」ギターと歌がはじまりる。
南正人ファンクラブを立ち上げて「ナミさん祭り」を始めた頃からボキは強烈なナミさん追いかけだ。ストーカーまでは至っていないけど、録音機を持っている頃はナミさんと一緒の時は常に持っていて音楽でも会話でも録音していた。今でも、店番しながら聴いている。
何故か、心が落ち着くのです。
2月のタイ、チェンダオでのシャンバラ祭りから戻ってからの日々は、春満開に合わせての旅を予定していたかの様に南へ東へ動き回っている。今朝、三角の「原発事故チャリティー平和音楽祭」から戻った処でしゅ。
a0154870_13313237.jpg

a0154870_1333254.jpg
a0154870_13332467.jpg

年越し正月に行われたイベントに駆けつけてから、再度の平和音楽祭。
今回は38日間のロングイベント。毎日様々な企画が立てられていて、見所聴き所満載なので行ってみてね。
a0154870_13594714.jpg

今回のBONGERSもトビウオリアキちゃんとご一緒して、吸う曲演奏して来ました。
オーガナイズのJHA村君から「吉田けんごさんもいらっしゃるのでドラムスを叩いてもらいますか?」と、言われていたので呼び水と思い、二曲目に下村誠さんの曲を歌ったら速効ステージを観に来てくれた。
ドラムスでは競演出来なかったけど,[また下村さんの曲歌ってね。」と、言われ嬉しかった。
過去に歌われた名曲には魂を揺さぶられる曲がたくさん有り、そういう曲を歌い繋げて行く活動は人々共感を得られる。誰にだって聞いていて純粋な心に戻れる音楽があるはずだ。
そんな曲をボキは歌いたい。もちろん、自分の伝えたい心も歌うけどね。
またナミさんの話に戻るけど、去年の”ナミさん祭り7”でも南正人ソングブックにコード進行を書いてもらい暇が有れば歌っている。歌っていると、今まで聴いていたより以上に歌詞世界に引きずり込まれる。
凄いんです、ナミさんの歌詞世界。
シャンバラでナミさんから「ぺポパを発信でよ。」とのミッションを与えられたボキは、そのぺポパについて思考を巡らせ、阿部ちゃんとのミーティングをチェンマイで済ませ、唐津へ帰ってからもヘポパをどう表現するか考えていた。
a0154870_14195276.jpg

a0154870_1417770.jpg

へもポもパも緩む音。人生を緩く歩く教義とでも言おうか?
そんな教義を含む世界観がナミさんの生き方には付いて回る。
1960年代から音楽活動をしているナミさんは、その音楽活動以外にも環境保護運動、反原発運動、大麻解放運動、などで知られる。カウンターカルチャーを地で行っている人だ。
そうやって40年もの長い時間を戦って来た人と現在接していて、感じることはアクティブに運動を語るより身の丈を知り、自分自身の言葉で未来への平和を語る事の大切さなのかな。
ソングブックに書かれた歌詞をギターを弾きながら歌う。それはお坊さんが歌うお経の様な感じだにゃ~。と、何時しか思う様になってきた。
ヘポパ教の経典はナミさんの歌詞だ、と確信したボキはそれからお経を読むように歌っている。
a0154870_14361299.jpg

今月は色々な場所で歌わせてもらった。
今日も近くのキャデラックランチで開催される「春風ミーティング」で歌わせてもらう予定。
今晩明日と行われる、春を迎えるお祭りです。たくさんのライブに餅つき、出店と盛りだくさん、お近くの人も遠くの人も遊びに来てね~。
a0154870_14394918.jpg
a0154870_1440853.jpg

こんな新しい忍者ジャケットも縫い上げました。
今回見つけた生地の中でも珍しい線描きバティックの藍染め麻生地はアンティークだけど、しっかりした厚みが有る目が詰まった麻布で作ってます。
それに、A HOPE HEMPの新作が上がって来たのでNUI NALUアレンジを加えてます。
a0154870_14432642.jpg
a0154870_14434375.jpg
a0154870_14435931.jpg

まだまだ色々着いてますから順次紹介しますね。
[PR]
by nuinalukaratu | 2012-03-19 14:44 | NUI NALU