虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

ハングテンを決めたい貴方へ

今朝の串崎ビーチも良い感じの盛り上がりでした。
朝日が差してきた頃の海面はピカピカして最高、ファインウェーブの波でしたね。
ボキは先日参加した国東半島での”六郷満開”で食べすぎ、重たい身体を引きずりつつ波に乗って来た。
そして、先ほどオーガナイザーの龍さんから電話が有り、現地でのかたずけを終わったら空に羽が生えた竜神様が現れたそうで、その竜神様はその後鳳凰へ変わって消えていったそうだ。
a0154870_114403.jpg

大いなる自然に抱かれて生きてゆく。
森羅万象の基ではチッポケな自分を見つめる。
a0154870_1152221.jpg

サーフィンを楽しむ為にはサーフボードが必要なんだけど、その形や大きさは様々有る。
ただ波に乗る行為を楽しむサーフィンにも様々な技が有り、みんな何故技が磨くのか?の、答えは一本の波を長く乗るため。
今朝もボトムターンがバシッと決まった時は良いスピードで抜けて行けるけど、早めに立ったときはスピードに乗らなくて駄目だった。
a0154870_1252586.jpg
a0154870_1254655.jpg

今回サンタモニカからしたビンテージロングボードの一本に"BOSS SURFBOARDS"の10’00”が有る。
このボードも90年代のロングボードルネッサンス時代に注目を集めたブランドで、シェイパー"BOB O"さんは1960年代のロングボードを、ショートボードのデザインから影響を受けない方向へ進化させ続けた人だ。
a0154870_12112192.jpg
a0154870_12114071.jpg

ノーズとテールがステップデッキになっており、ターン時の回転性とノーズでのスピードを追求したロングボードです。
ボキはロングボードの醍醐味をノーズライディングと、直進的なスピードに有ると考えるのでそういうライディングが出来るボードが好きだ。
ノーズライディングを目指し、ハングテンを決めたい貴方。
このロングボードはそういう人の為に開発されたボードです。
1999年製だけど、リペア後も少なく綺麗な状態です。
ボトムのへこみも有りません。 ボトムカリフォルニアレッドピグメント×トップティントオレンジカラーが素敵なオンスケッグシングルフィン 
a0154870_12431319.jpg
¥150,000 ボードケース付き。
[PR]
by nuinalukaratu | 2011-11-01 12:44 | NUI NALU