虹ノ松原近くに有るヘンプとサーフィンのお店より


by nuinalukaratu

モン族の手紬、手織りヘンプ生地

モン族のヘンプ生地と出会って、もう10年になるけど。
その間、色々な服にこの生地でデザインして来た。でも、ここ数年現地に行ってもなかなか良い生地が少ない。元々モン族やヒルトライブの人が自分達の民族衣装を作るのに自給自足して織っていた生地なので、自給自足する必要性が無くなった現在では希少な織物となってゆくのか?
a0154870_134322100.jpg

この様に、生地幅は25cm~35cm位の反物でヒルトライブ市場などで見かける。
しかし、近年織りの詰まり具合が悪い物(スカスカ)が多く良い生地はマレになって来た。
今回も良い生地を求めて市場を回り、ジーンズにショーツなんかを製作して来た。
a0154870_13481632.jpg
a0154870_13483548.jpg
a0154870_13484534.jpg
a0154870_13485629.jpg
a0154870_1349590.jpg
a0154870_13492519.jpg
a0154870_13493960.jpg
a0154870_13495042.jpg

すべて一点もののジーンズタイプ。 ¥9,800
a0154870_1351286.jpg
a0154870_13512513.jpg

サーフトランクスにでも使ってもらえるショーツは ¥6,900
暑い時期には麻の服が気持ちよさげですぜ。
[PR]
by nuinalukaratu | 2011-03-04 13:54 | NUI NALU